光の小説と創作瞑想のページ
記事

本と人生

新宿とルミナスボディ(本と人生シリーズ 番外編 その2)

前回の『本と人生 番外編 フリーコミュニケーション・ワーク』から続く 2016年10月某日、夜。私は友人と新宿東口で瞑想していた。より具体的に書くとすれば、いわゆるルミナスボディ瞑想をしていた。 その日、私は外での仕事が …

ソースを探せ (本と人生シリーズ)

前回から続く あらすじ 私は自分の人生を変えるために、いろんな本を読んで、いろいろやり始めた。 本文 2008年か2009年ぐらいのことである。私は「奇跡のコース」のワークブックをひたすらやっていた。ひたすら瞑想したり、 …

全自動ヒーリングマシーン(本と人生 14)

本と人生 その13 奇跡のコースの奇跡より続く。 2008年か2009年ごろの話。 奇跡のコースのワークブックを進めていくと、様々な不思議な体験が生じるようになった。 自宅で椅子に座っていると、勝手にヒーリングが始まると …

フリーコミュニケーション・ワーク(本と人生 番外編)

春だ! 2月だけどもう春っぽい! 春。 それはフリーコミュニケーションワークの季節である。 2016年2月の暖かいある日、私は街へと繰り出した。 フリーコミュニケーション、それは街頭で、見知らぬ者に対してフリーなコミュニ …

『奇跡のコース』の奇跡(本と人生 その12)

短編小説、タートル・イン・ザ・バルドゥを書いた後日のこと。 私はある日ひょんなことから、『A Course in Miracle』という不思議な本の存在を知った。その本の存在を知って以来、それはなぜか私の頭から離れなくな …

タートル・イン・ザ・バルドゥの季節(本と人生 その11)

前回から続く 2008年ごろのこと、私は『ずっとやりたかったことを、やりなさい。』 のワークをひたすら続けていた。続ければ続けるほど、生活内容がぐぐぐっと変わっていった。モーニング・ページを書き、アーティスト・デートを続 …

ずっとやりたかったことを、やりなさい(本と人生 その10)

この『本と人生』という一連の記事の中で最も強く紹介したい本、それが今回紹介する『ずっとやりたかったことを、やりなさい』である。 今までの一連の記事は、すべてこの本を紹介するための前振りのようなものである。 だが、どうして …

カラテと鉄球と私(本と人生 その9)

皆さんは空手をご存知だろうか。 罪のない(あるいは罪のある)人間たちが手や足などを使い、互いの肉体を傷つけ合い、肉体や精神を鍛錬しようとする練習体系、それが空手である。 空手によって私は体脂肪率は十パーセント以下のまま、 …

性的エネルギーが向かう先を制御する(本と人生 8)

前回から続く 2007年頃から、私は『ワクワクすること』を意識的に生活に取り入れ始めた。 当時、私が最もワクワクしたアクティビティと言えば、オナ禁であった。 オナ禁とはなんであろうか? それはオナニー行為をすることを自ら …

1 2 »
PAGETOP
Copyright © Portal of Light All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.