燃え尽きた 漫画を読んで 充電だ

前回の記事で書いたとおり私は疲れている。

特に精神的な疲れが多い。

そんなときどうすればいいかといえば答えは決まっている。漫画を読むのだ。

昔から精神エネルギーをチャージせんとするときは常に漫画を読んできた。

昔はよく漫画喫茶に通った。

今はちゃんとKindleやコミックデイズでお金を出して買っている。

やっぱ漫画を読むなら電子書籍だ。

昔は部屋の容積のかなりの部分が漫画で埋まっていた。今はどれだけ漫画を買っても空間が減らない。

そのため我が家にある無印良品のかっこいい本棚は常にかっこよく美しいスマートさをキープしている。本は電子書籍だ!

といっても私の書いた本は、特に『ライト・ノベル』などは、物理書籍で持つことに大きな意義がある。なぜなら『ライト・ノベル』はスピリチュアルな謎の光を発する本であり、それを本棚に飾ることはその部屋のヴァイブレーションを上げ、人間の心身に良い効果を持つからである。

売れてます、『ライト・ノベル』


それはそれとして、そうそう、最近読んだ漫画をここで紹介していきたい。

へうげもの

日本史に微塵も興味もない私でも楽しめる戦国時代から江戸時代を描いた漫画。日本の戦国時代を裏で支配していた『数奇』の世界を軸にした物語が描かれている。

デカスロン度胸星の山田芳裕氏の漫画でり、めっちゃ面白い! めっちゃ面白い! 最初の三巻はコミックDaysでしばらく無料で読めるのでぜひ読んでほしい。めっちゃ面白い。へうげものは人生と言いたくなるぐらい人生が描かれている。

韓国人の陶工、英子が可愛い。

骨董や美術の類に微塵の興味も持たない私であるが、これを読んでるといいティーカップでも持とうかという気になってくる。明日、川崎のブックオフスーパーバザールに行ってティーカップを買ってこようかという気になる。

衛府の七忍

シグルイ覚悟のススメで有名な山口貴由氏の漫画。めっちゃ面白い! めっちゃ面白い!

シグルイ、覚悟のススメの最初の数巻は、今、Amazonで無料で読めるっぽいので気になる人はぜひ。

衛府の七忍は山口氏の最新作ということで、今までの作風の良いところ、気持ちいいところが濃厚に凝縮された作品である。好きな人はマストリード。

ダンジョン飯

最新刊になりますます面白くなってきた! ウィザードリィ風のファンタジー世界のわくわく感が楽しめる作品。

異世界おじさん

二巻が発売されますます面白くなってきた本作! 今、私が最も楽しみにしている作品のひとつ。毎話、ネット連載で公開当日に読んでいるが、最高に面白いので単行本も買いました。

二巻になってキャラの可愛さや魅力が倍増しており、異世界パロディものなのだが、異世界の楽しさ面白さが凄いマシマシに詰め込まれている作品。おじさんかっこいい。

二巻はおまけが凄いエッチでドキドキするのでツンデレエルフ娘が好きな人はマストバイです。

正方形

街角イジゲンの白井慶太氏の4コマ漫画。

街角イジゲンと同様のほのぼのとした異次元感が楽しめる。ボリュームがものすごくあり、大量のネタが詰め込まれている。絵の隅々にまで新鮮なアイデアが感じられる素敵な作品。おすすめ。

今日の読書:ブルーストライカー

柴田ヨクサル原作の格闘漫画、ブルーストライカーを読んだ。

主人公はかつてブルーストライカーという特撮の主人公を演じていた俳優だったが、今は仕事を失い家族を失い、自殺しようとしている。

ところが謎のマッチングストリートファイトアプリをスマホにひょんなことからインストールしたところ、GPSによって街で出会い、ストリートファイトをしあうファイターたちの戦いに巻き込まれることになる。

柴田ヨクサル独特の清々しい高揚感と、脳内麻薬がドバドバあふれる展開がぎゅっと濃縮されている。読むと心の中にじわーっと脳内麻薬の原料のようなものがチャージされていくのが感じられる。その脳内麻薬は清らかな、ピュアな性質を持っている。

数年前、高校時代に柴田ヨクサル氏のデビュー作『谷仮面』を読んで以来、氏のファンである。当然、氏の代表作であるエアマスターも大好きだ。本作を読んでしばらくして気づいたのだが、ブルーストライカーは、なんとエアマスターの十数年後の世界なのだった。

エアマスターに登場した『スナイパー空手』の人や、なんとあの人とあの人の子供まで登場する。

というわけでブルーストライカーは、私的に今、最大注目の格闘マンガである。柴田氏のファンであれば必読であるし、初見の方にもぜひおすすめしたい。

なぜドラゴンランスはこんなにも面白いのか? その2

前回の記事ではドラゴンランスの面白さについてパッと思いつくことを箇条書きした。

その際、何をどう書いても面白さの1%も表現することができず絶望した私は、『なぜドラゴンランスはこんなにも面白いのか?』という連続記事の執筆を断念した。

しかし本日になり、またドラゴンランスについて何か書きたい欲求が湧いてきたので、何か書いてみることにする。。。

私が初めて小説を書いたのは、実はこのドラゴンランスの二次創作小説であった。父のワープロ専用機に五行ほど打ち込んだところで執筆は途絶された。その五行で書けたのは、『ソレース』というドラゴンランスの物語の中核たる街に、何か不穏な空気が近づいている気配を、主人公であるハーフエルフのタニスがそこはかとなく感じる、というところまでであった。

小学六年生ぐらいのことだったかな。

当時のワープロは白黒の狭い液晶画面に、わずか数行しか文字を表示できないものだった。また当時の私はタッチタイピングもできず、小説の書き方もよくわからず、しかもドラゴンランスは書き方が重厚で、大量に情景描写がある作風なので、五行書くだけでもやたら時間がかかったのを覚えている。

たぶん今、ドラゴンランスの二次創作を書こうとしても同じぐらいの時間がかかりそうだ。よくあんな作品書けるよなと驚嘆の念を禁じ得ない。

もともとあるダンジョンズ&ドラゴンズというゲームを下敷きにした世界観で、しかもそのゲームのリプレイを元に作品を作っているためか、さらに二人の作者で合作しているためか(マーガレット・ワイスとトレーシー・ヒックマン)、やたら作品世界が重厚で豊かである。

作品内に出てくるキャラクターの隅々にまで血が通っており、そこに実在しているのが感じられる。

また作品内に出てくる小道具の一つ一つにまで豊かなバックボーンがあるのが感じられる。

ドラゴンランス戦記の一巻で出てくる小道具といえば、青水晶の杖と、ミシャカルの円盤である。青水晶の杖はまあよくわかる。その世界から消えたと思われていた癒しの力を持つマジックアイテムであり、癒してよし、殴ってよしの攻守ともに強力な道具だ。

この青水晶の杖を持つ蛮族の族長の娘ゴールドムーンと、主人公であるハーフエルフのタニスおよびその仲間一同が、ソレースの酒場、憩いの我が家亭で出会うことから物語は始まる。

そしていろいろあって、その一行はザク・ツァロスという廃都の奥に眠るというミシャカルの円盤を探す探索の旅に出かける。

そのミシャカルの円盤なるアイテムが、なんだかよくわからないアイテムなのである。

作中で何の役にたったのかよくわからない。確かその円盤には癒しの女神の教義か何かが書いてあるんだったかな。で、その円盤に書かれてある情報を元に、古代の神々の真の癒しの力を再興することができたのだったかな。。。

しかし円盤が実際に用いられるシーンは作中で描かれないため、それが具体的にどう役立ったのかは謎である。

しかしなんだかよくわからないが、なんだか曰くある凄そうなもの、という雰囲気はひしひしと伝わってくる。だいたいミシャカルの円盤を手に入れるのは本当に大変だったのだ。あれはもう全滅必至の旅だった。

全滅ポイントが何度もあった。

冒険最初期の、ソレースからの脱出ミッションである、「クリスタルミア湖でボートに乗って追っ手から逃げるぞ!」というシーンでもレイストリンの魔法がなければ全滅していた。

あのときレイストリンが使った魔法は確かスリープだったと思う。D&Dのシステムでは魔法使いが最初期に覚える魔法だ。だがそのレベル1の魔法の描写が本当にかっこよくて痺れる。

作中ではレベルなどというゲームシステムは完全に隠蔽されており、ものすごく神秘的なわざとして魔法が描かれる。このドラゴンランスの魔法の描かれ方に比べれば、ハリーポッターなどの最近のファンタジー小説の方がはるかにゲーム的な魔法描写である。(どっちが良い悪いという話では無いが)

ゲーム的な魔法描写と非ゲーム的な魔法描写の間には、作品全体に影響を与える深い違いがある。

ゲーム的な魔法描写は、魔法がその世界のシステムに則った日常的なものとして存在しているという描写である。魔法はシステムによってその力を担保されているため、それがそこにあり、効力を発揮することに何の不思議もない。作中人物で魔法の力を知らないものは、魔法の力に驚くかもしれない。しかし読者は作品世界で働いているシステムを理解しているがために、そのシステム内で魔法が働くことに何の不思議も覚えない。

一方、非ゲーム的な魔法描写は、魔法なる事象の魔法性を直接描く。魔法性はシステムというよりも神秘に由来している。作中、レイストリンは幼い頃から魔術を学び、上位魔法の塔でやたらハードな、トラウマ必至のイニシエーションを乗り越え、それなりに魔法が使えるようになった。そういう意味ではやはり何らかの魔法に関するシステムがあって、それに則って本作の魔法は稼働しているのであるが、しかしそのシステム全体がもやっとした不思議な神秘性に包まれているのである。

この、作中で稼働しているシステムがどれだけ読者に明示されるかが、いわゆる『ゲーム小説』と『ファンタジー小説』を分けるひとつのポイントになっているのではないか。(そしてドラゴンランスの読み味は、『ゲーム小説』というよりも『ファンタジー小説』のものである)

システム、つまりその世界の稼働原理が不思議さのベールによって隠蔽されているほどに、その世界がよってたつ基底が薄靄に包まれていることになる。世界の足場が薄靄に包まれているとき、その世界はリアリティを獲得する。なぜなら我々読者が住む世界がよって立つ足場もまた謎のベールに包まれているからである。

そのような謎のベール、薄靄が、ドラゴンランス作品世界全体を覆っており、そこにいるキャラ、アイテムすべてに不思議さと実在感を与えている。だからミシャカルの円盤は私にとってなんだかよくわからないアイテムであり、それでいて今も気になる不思議なものとして私の記憶に残り続けている。

祝、復刊! ドラゴンランス戦記!

つい先日、ファンタジー小説の金字塔、『ドラゴンランス』シリーズが電子書籍によって復刊された。これは非常に喜ぶべきことなので、これから本サイトはドラゴンランス・ファンサイトになります。そして全五億回の集中連載『なぜドラゴンランスはこんなにも面白いのか?』の連載を始めます。

なぜドラゴンランスはこんなにも面白いのか? 第一回

  • レイストリン(仲間全員に嫌われている魔術師)がかっこいい
  • 魔法の使い方がかっこいい
    • 魔法を使うには触媒が必要
    • 魔法使いは超レアで、ファイアボールひとつ打つのも一苦労
    • その分、魔法の有り難みが凄い
  • キャラが全員、人間らしく、ずっといがみ合っている
  • D&Dを元にした小説で、現在のライトノベルの源流のひとつである。
    • ダンジョンズ&ドラゴンズというテーブルトークRPGがあり、そのリプレイ小説として、本ドラゴンランス戦記は執筆が始められた
    • このD&Dのリプレイ小説という流れを踏襲して、日本ではグループSNEによってソード・ワールドRPGとそのリプレイ小説であるロードス島戦記が作られたと私は理解している。
    • で、ロードス島戦記は日本のライトノベル業界に決定的な影響を与えた作品のひとつ。ロードス島によって醸成されたファンタジーRPGっぽい雰囲気の世界観を引き継いで、その上に今の異世界転生ブームがある。
    • というわけで今のライトノベルの源流を遡って行くと、このドラゴンランスが出てくる。(他にもいろいろあると思いますが)
  • などなどという話を全部取っ払った上で、小説として素晴らしい。
  • ゲーム小説ではあるのだが、ぜんぜんゲーム小説っぽくない。
  • 人間と世界の実在感が凄い。
  • 魔法や戦闘など、完全にD&Dのルールに則って書かれているのだが、小説の描写の中にシステムそのものは出てこない。
  • 作中に出てくる魔法やその他ファンタジーっぽい物事が、ものすごく『リアル』に描かれている。
  • 世界の実在感が凄い。
  • ストーリーの奥深さが凄い。

小説を読んで初めて号泣しちゃった小説。小5か6年の頃に読んで涙が止まらなくなりました。

また、小説を読んで初めて、小説の世界の中に意識が吸い込まれるような体験をした小説。夜、ベッドの中でページをめくっていると、エルフの住む森をVR的に体験してしまうという、強烈なトリップ的な読書体験がありました。

いい本には、こういう読者の意識を吸い込むような魔力があって、それを強烈に感じたのがこのドラゴンランスでした。

というわけでドラゴンランスの魅力を語ってみましたが、まったく1%も語れないと分かったので、『ドラゴンランスはなぜこんなにも面白いのか?』五億回の集中連載企画は中止し、ファンサイトもやめたいと思います。

ただとにかく訴えたいのはドラゴンランスは面白いということです。

ドラゴンランス面白い!

ドラゴンランス面白い!

ドラゴンランス面白い!

タニスかっこいい!

ローラナかわいい!

オティックの揚げじゃが食べたい!

ドラゴンランスは人生!

今日の本:菜根譚

気がつけばスマホでまとめサイトを見てしまう。

昔、スマホもなくネットに繋がっているパソコンもなかった頃は、チラシの字を読んでいた。要するに字であればなんでもいいのだ。

意識の空白を、何かの字で読むことで埋めたいらしい。そういう習性が昔からある。

だが意識の空白を、まとめサイトで埋めることは精神衛生上、あまりよくない。

どうせならほどほどに精神衛生に良い効果のある文字列で意識の空白を埋めたい。

というわけで、生活の中でまとめを見る代わりにチラチラ読む用に、菜根譚という本を買った。

これは明の時代の中国の誰かが書いた生活エッセイのようなものだ。

なかなかいいことが書いてある。

漢文と書き下し文と現代文への翻訳という三つのぶんが併記してあって、非常に読みやすい。書き下し文はその時点では読んでもまったく意味がわからないのだが、ラップ的なリズムの良さがあり、読んでいて気持ちいい。

エッセイの各章はそれぞれ1〜2ツイートぐらいで短くまとまっているため、ふとした瞬間にKindleを手にとって読むのに適している。

そうそう、こういう奴が欲しかった。というまさに私のここ最近の要望に答えるにふわさしい本である。いいですねー。

今日のマンガ:あなたソレでいいんですか?

凄い面白かったので紹介します。

あなたソレでいいんですか?

人気のない場所で、女子高生が、包丁を持った男子高校生に「すみません、突然ですが…あなたを殺します」と言われているところから物語が始まる。

男子高校生は誰でもいいから通り魔的に殺してみたかったようである。

「殺す」と言われた女子高生は怯えることもなく振り返り「セックスをしてあげます」と提案する。

こんな出だしから想像を超えた面白い話が始まります。どう面白いかは実際に読んでみて欲しいのですが、とにかくこの主人公の女子高生が素晴らしいキャラで最高です。

二巻で終わってしまったのがもったいないですが、終わり方も綺麗でいい感じかなと思います。

今日のマンガ:コジカは正義の味方じゃない

コジカは正義の味方じゃない

私の大好き漫画、菫画報の作者、小原慎二さんの最近の作品、『コジカは正義の味方じゃない』を読みました。超超面白かったです。

スーパーヒーロー的な力に目覚めてしまった女子高生が主人公。他にも世界中で超能力に目覚めた人たちがいて、その力を社会の中でどう使っていくのかというX-MEN的な大きなテーマと、貧乏な女子高生の卑近な日常のギャップが面白いマンガ。

『シャドーガール』と人々に呼ばれることになる女子高生の能力の、セクシー感と躍動感あふれる描写がすごいかっこ良くスタイリッシュで見て惚れ惚れします。

菫画報のころからあるキャラの掛け合いの楽しさや作品世界の居心地の良さが今作でも際立っていて、読んでいて幸せな気分になれます。

二巻でシンプルにまとまっていながら、すごい密度の高い作品を読んだという満足感を味わえる作品。おすすめです。シャドーガールが可愛い。

小原慎二さんといえば↓の作品もおすすめ。

青猫について

戦後の焼け野原を『青猫』と呼ばれる女子高生剣士が、家族を殺しにした敵への復讐をするために駆け抜けていくストーリー。ざくざくと青猫が敵を斬り殺していく爽快なストーリー。

どえらい凄惨でエログロな描写が第一話から最終話まで続くのですが、凄惨さの裏に、恋愛のようなトキメキのようなエネルギーがまっすぐ爽やかさに流れており、読んでいて清々しさを感じます。

第6話、「ぶたごや」にては凄いです。

限度を超えたレベルのエログロさとともに、ほっこりする落ち着いた雰囲気やクスッと笑ってしまう面白さがあり、なんとも言えないワンアンドオンリーな作風が読んでいて心地いいです。青猫が可愛い。

春の転生祭り その2『即死チートが最強すぎて、異世界の奴らがまるで相手にならないんですが。』

春は誰もが転生を望む季節。。。

こんな世知辛い現世を離れて異世界で無双したいと願う季節。。。。

(私は元気です)

昨日はマーク・トウェインさんの『アーサー王宮廷のヤンキー』という転生系小説を紹介しました。

なろう系の元祖と言われているだけあり、科学での無双する展開が作中に多々あり、異世界でのロマンスもあり、転性ものに読者が期待する楽しさが存分に詰め込まれている作品でした。

終盤の無双は現代のなろう作品に匹敵するスケール感です。プレートアーマーで完全武装した騎士、数万が科学力によって虫けらのように死んでいくという。

あーおもしろかった!

でも昔の作品ばかり読んでると脳が古くなってしまうので最近のやつも読まないとバランスが取れません。

そこで私は最近はやりの小説、『即死チートが最強すぎて、異世界の奴らがまるで相手にならないんですが。』を読みました。

夜に読み始めて、気づけば夜が明けていました。つまり、めっちゃ面白かった! ということです。

最初はなろうでただで読ませてもらってたんですけど、だんだんこんな面白いのただで読んでいいのかという気になってきて、Amazonで買ってKindleで読みました。

すごく面白かったです。

祝!連載再開『喧嘩稼業』

今、一番面白いマンガのひとつである喧嘩稼業だが、昨年から長い休載に入っていた。

そのため私の人生は落胆の連続と化した。

新しい一週間が始まり、コンビニに行ってヤングマガジンをめくり目次ページを確認して、『喧嘩稼業』の休載を確認する日々が続いた。

「はあ・・・今週も喧嘩稼業は休載か。こんなことでは世の中はどうなってしまうんだ」

私は社会問題と化した喧嘩稼業の休載について嘆いた。

だが私には何の力もなく、できることと言えば喧嘩稼業の再開を神に祈ることだけだった。また単行本を買ったり、コミックデイズのサブスクリプションに登録することぐらいだった。

コミックデイズは月、何百円かで講談社の漫画雑誌が読みまくれるという驚きのサブスクリプションだ。私が主に読んでいるのは、アフタヌーンとヤングマガジンとイブニングだ。

アフタヌーンは、ヒストリエとヴィンランド・サガを目当てに読んでいる。

イブニングは、創世のタイガを目当てに読んでいる。

ヤングマガジンは、パラレルパラダイスと、カイジと、喧嘩稼業を目当てに読んでいる。

これら絶対に面白いマンガをメインに読みつつ、その他の連載作品をパラパラと読むことで常にマンガの流行り廃りに触れていられるのだ。で、気に入った作品は単行本で買う。買う際は電子書籍で買うのでどれだけマンガを買っても部屋が狭くならない。

素晴らしいことだ。人類社会は日々便利になっている。

今年は年の初めから喧嘩稼業も連載再開した。今年はいい年になりそうだ。

Kindle Unlimitedで成年コミックを読む

私は成年コミックが好きだ。成年コミックこそが人類の文化の最先端であると思っている。こういった文化があるだけで日本という国の素晴らしさが感じられる。

最近では成年コミックはKindleでカジュアルに読めるようになってきた。しかもUnlimitedに登録すればかなりの数の成年コミックを無料で読める。

<iframe src=”https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?o=9&p=293&l=ur1&category=kindleunlimited&banner=05G450N240N3CHYBN2R2&f=ifr&linkID=e4bbb89c192e8815cca58603847af16d&t=chokobi-22&tracking_id=chokobi-22″ width=”640″ height=”100″ scrolling=”no” border=”0″ marginwidth=”0″ style=”border:none;” frameborder=”0″></iframe>

成年コミックと音楽の教則本とSound & Recording誌の読み放題で、私がKindle Unlimitedから得た利益は計り知れない。

Kindle Unlimitedで読める成年コミック雑誌の中で、私のお気に入りは『アクション・ピザッツ』である。非常に安定感のある雑誌であり、地に足の着いた成年コミック表現が感じられる。

成年コミックはともすれば極端に非現実的な表現に走りがちであり、そういったものは確かに脳を刺激する力が強いが、なんていうか副作用も大きいように感じる。

あまりに極端な表現に走った成年コミックは、読んだあと、脳に高濃度の汚れが注入された気分になり、ぐったりすることが多い。どんな表現もそうだが、極端に走った作品は、良かれ悪しから受け手の精神バランスを崩す作用を持っている。

そんなことを言えばそもそも成年コミックというジャンル自体が極端に走った表現ジャンルであって、最初からバランスなど崩れているとも言える。人間が興奮し日常から非日常へと肉体と精神のバランスが崩れきった瞬間を描くのが成年コミックなのだから。

しかしそのようなエクストリームな領域にもバランスを見出していくのが人間であり、それがアーティストの仕事のひとつである。

そもそもマンガを描くというのは長時間の粘り強い作業が必要な、高度なバランス感覚を要する作業である。

だから性的な興奮の瞬間という非日常を描くにしても、それがマンガによって描かれた時点で、すでに十分にバランスのとれた創作物として完成しているとも言える。

アクション・ピザッツはその中でも特に安定感、バランス感覚に優れた成年コミック雑誌であり、毎月、楽しみに読んでいる。

毎月、このような雑誌が無料で読めることに感謝しつつ、優れた作品は単行本で購入していきたいと思っている。彩画堂さんの作品が絵、ストーリーともに好きなので少しずつ買っていきたい。