春の転生祭り その1

花粉の季節が近づいてきました。

北海道か沖縄に引っ越したい方も多いのではないかと思います。私もそのひとり。

しかしそんなわけにもいかない。

せめて精神的にここではないどこかに行きたい!

というわけで転生ものの小説を読みたい機運が高まっている今日このごろ、何冊か面白そうなのを見繕って読んでみました。

19世紀のアメリカ人が6世紀のイギリスに異世界転生的にタイムスリップするという話。

なろう系異世界ストーリーの元祖のひとつとして一部で取り上げられている小説。

19世紀のアメリカ人も21世紀の日本人である私からみたら異世界人なわけで、主人公の思考回路にはなかなか馴染めません。

そんな、なんだかよくわからないことをめっちゃ早口で喋ってる感じの主人公が、さらにわけのわからない野蛮な文化の6世紀イギリスにタイムスリップすることで、わからなさは2倍になり、話の筋が読んでてすぐわからなくなってしまいました。異世界×異世界、みたいな感じかな。

転生先の6世紀イギリスでは身分制度が厳しく、かつキリスト教が幅を効かせていて、もう地獄のような世界です。人権意識とかないから。教会がもう絵に書いたような悪い教会でひどい。そういうのが悪いのはわかってるから、そんなにネチネチ書かなくていいですよ、といいたくなる。それにところどころ難しくてわからなくなる。

もうちょっと21世紀の日本人の読者(読解力低い)のことを想定して書いて欲しいですよね。

まあ、わからないところを飛ばし飛ばし読むと、ところどころ面白いところがあり、それなりに楽しむことができました。

なんといっても、Kindle Unlimitedで無料で読めるというところがいい! これが古典を読む良さだよな、と再確認できました。

ところで、マーク・トウェインといえば、「不思議な少年」という作品があり、これは本当に素晴らしく天才的な小説なのでぜひ多くの方に読んでいただきたいです。

注意:素晴らしいのはマーク・トウェイン完訳コレクションの『不思議な少年44号』ではなく、岩波文庫の方の『不思議な少年』です。この二つはなんとなく設定が似てるのですが、まったく別の内容の小説です。

『不思議の少年』は、最後の方にすごい悟り感をバーっと出すシーンがあり、それには私、かなりインスパイアされましたので、同様の感じを拙著『ムーの少年』に使わせてもらったほど好きな小説です。

『ムーの少年』といえばこの前、中古価格が数十万という非現実的なレベルに高騰していました。ネクロノミコンでもそんなしなくないか。

(この前このマンガ↓を読んだら久しぶりにネクロノミコンという単語を久しぶりに見て嬉しくなったので、自分でも日常会話の中で使っています)

『ムーの少年』、最近は値段もちょっと落ち着いてきたようです。それでも今見てみたら6千円か! こんなことなら手元にたくさんストックしておくんだった。そしてメルカリで売ってそのお金で豪邸を立てればよかった。。。

 

異世界食堂

朝、仕事に向かう新幹線車内で読む。

異世界の冒険者やその類の者が、現代日本にある洋食屋に、魔法のゲートを通じて訪れ、美味しいご飯を食べてはそのうまさに感動するという話。

これを読むとうまいものが食べたくなってくる。

異世界人の目を通じて、この世にあるものの素晴らしさを、それを初めて見るもののように再確認できる、そんな異世界ものが構造的に持っている利点がうまく活用された作品だった。

異世界ものの面白さは、「読書の中でゲーム的楽しさを味わえること」や、「無双感を味わえること」などいくつもあるが、その他にも「現代社会の良さを再確認できる」というものがある。

異世界人の目を通して、こちらの世界を見るとき、そこにたくさんの良さがあることに気づける。それは普段見落としていたものかもしれないが、異世界人の目を通してみることでそれを新鮮な視点から再確認できる。

異世界食堂にもそのような気持ち良さがふんだんに盛り込まれていて、読後、世の中を見る目が少し明るくなった。いい本です。

余談だが、このようなフォーマットはまだまだ発展性がありそうで、どんなジャンルにも使えそうだ。

たとえば異世界食堂は食べ物がテーマだが、音楽をテーマにして話を作ってみたらどうだろうか。

しがないDTMerのアパートにゲートが開き、異世界の音楽家(エルフ女性)がそいつの家にやってきて、現代日本社会の音楽制作環境に驚きまくる、などなど。

「なんだこの弦楽器は。木の塊に鉄の弦が張ってある?こんなものでは共鳴せず音が響かないぞ。この世界の人間はそんなことも知らないのか」とかいうエルフ娘にエレキギターを鳴らしてみせると、「な、なんというすごい魔法だ!こんなもの見たことないぞ!」と、いいリアクションでものすごい驚かれるという感じで。

で、エルフ娘とお互いに良い影響を与え合うことで、しがないDTMerが少しずつ成長してゆくと言う感じで。

海猫沢めろんさん宅で、RAM CLEARの新作アナログゲーム、『ダイスニコフ』をテストプレイしました!

つい先日、アナログゲーム『ヘルトウクン』をヒットさせたアナログゲーム・クリエイター集団、RAM CLEARのメンバーに、友達の小説家、海猫沢めろんさんがいます。

本日、めろんさん宅に遊びに行くと、なんとRAM CLEARの新作ゲーム『ダイスニコフ』が完成直前ということで、テストプレイに参加させていただきました。

RAM CLEARのゲーム作家であるツムキキョウ氏とめろんさんのインストラクションに従って、ダイスニコフ初プレイ!

これがなんと、、、ものすごく面白い!!

前作ヘルトウクンと同様の世界観なためか、すっとゲームにのめり込むことができます。

ダイスを2個振って進めていくシンプルなゲーム性の中に深い戦略性があり、最初から最後までワクワクが止まりません!

初めてのプレイなのに大盛り上がりで楽しめました!

(ヘルトウクンも素晴らしいゲームです。ボードゲーム、対戦ゲームが好きな方にオススメです)

(ちなみに私は第一回ヘルトウクン世界大会で優勝した経験を持っています!)

土日の記録

土曜:友達のホームパーティ

シェアハウスに住む友人のホームパーティに出席する。

住人の一人がプロの料理人とのことで、その方の作る凄まじく美しく美味しい料理がおしげもなく振る舞われた豪勢なパーティであった。

その料理をいただくことによりHPとMPとSPが全回復した上、各種ステータスにプラスの補正がついたのを感じた。ごちそうさまでした。

大勢の魅力的な人たちとお話することができ、いい刺激を得ることができた。夢のような時間をありがとうございました!

日曜:友達のライブ

別の友人がやっているバンド のライブを觀に大塚のライブハウスに向かった。

ライブのテーマはロックンロール&バイクということで、まさに私に縁遠いもの二つが強力に合体したイベントであったが、普段接することがないものに触れることで心に新風が吹き込むのを感じた。

ところどころ出演者の魂の表現の熱いエネルギーを感じ取ることもできた。

ただしライブの轟音は私には大きすぎたので耳栓を着用した。これによって自分に適正な音量で気持ちよく音楽を楽しむことができた。いいね!

実家より

今日の本

昨日、新幹線の中でメイド・イン・アビスの次に読んできた「蜘蛛ですが、なにか?」の続きを読む。レベルアップで強くなる過程が丁寧に、気持ちよく描かれている。読むことで、NetHack的なRPGに感じる面白さのいいところだけを味わえた。

今日のアクティビティ

朝食後、堤防に父と甥と釣りに出かける。サビキの仕掛けを垂らした瞬間、甥が二匹、小鯖を釣り上げる。海の中を覗き込むと、かつて私が見たことのない大量の魚の群れが水面下を右往左往していた。

その後、すぐに雨が降ってきたのでほんの短時間しか釣りできなかったのだが、二十匹近く釣ってしまった。帰宅してYouTubeの動画でさばき方を調べ、下ごしらえしておいた。

昼には甥と作曲して遊んだ。カノンコードを甥に教え、それに合わせてメロディを適当に考えてもらい、ピアノとギターで演奏するという遊びである。Aメロ、Bメロ、サビとメロディをピアノで作ってもらい、最終的には一つの曲らしくなった。

そもそも音楽とは、こうやって遊ぶためのものであるということを私は理解した。楽器を上手くならねばならないとか、ライブとか、デビューとか、そういう方面に意識がいきがちだが、音楽とは何より身近な人と遊ぶためのものだ。

その遊びの中で、より楽しく遊ぶために、自発的に上達への意志が目覚めるというのが自然な流れであろう。

新幹線の中で泣いちゃう

毎年恒例、夏の帰省で私は今、東京発の新幹線の中にいます。実家の最寄り駅の木古内まで四時間ちょっと。暇です。

今までは車内でひたすら瞑想して時間を潰していたんですが、今年はKindle Fireでマンガでも買って読んで過ごそうかと思います。

さて、何を買おうかな。

現代ではもはや、新しい本を買うのに何も悩む必要がない!

Amazonのおすすめを何も考えずに買えば確実に私好みの面白いヤツが読めるぞ。

というわけで、おすすめに表示されていたメイド・イン・アビスというマンガを購入。

そして一時間後、感動で号泣。

あーあーあー。

メイド・イン・アビスを三巻まで、新幹線の車内で読んで俺、感動で号泣。

あーあーあー。

ううううう。

なんだこの漫画はー。

木古内駅まであと二時間半。

メイド・イン・アビスの続き読んで過ごす車内、走る新幹線、ブログの更新もしちゃうこの夏。荷物に釣り竿、持って帰る北海道。。。

作曲してるよ/今日の読書

新曲・俺のギター(仮)

今回の作曲のテーマは、『自分で弾いたギターを入れる』『ドリアンモードで作る』です。

とりあえずできたところまでアップします。まだまだ序盤ですが、今のところいい感じです!

このあとさらにギターでのメロディ弾きを入れてみようかと思います。今までコードしか弾いてなかったので、どうなるか楽しみです。

今日の読書・『木曜日のフルット』二巻三巻

最近、よく朝にスタバに行く。空いてて静かなスタバで小説など書き、休み時間に漫画を読む。至福の時間である。僕はスタバで漫画を読むためにこの世に生まれてきたのかもしれないと思う。

今日の朝スタバのお供は木曜日のフルット二巻三巻である。何度も声を出して笑ってしまった。窓際の席でよかった。

今日の買い物

ミニカホン

島村楽器でミニカホンを購入。展示品ということで安くしてもらいました。

自分が買ったのは↑のとは違いますが、だいたい同じようなものを買いました。

DTMをしたりギターを弾いたりしてると、だんだんいろんな楽器に興味が出てくるものですが、当然、打楽器的なものにも興味が出てきます。

しかしドラムセットを買うのはハードルが高い。

ということで、とりあえずの打楽器として、今流行りのカホンなるものを買ってみました。よくストリートバンドが叩いていますね。

買って、自宅で、自作曲に合わせて叩いてみました。

こ、これは……。

た、楽しい!

叩くと気持ちいい!

(タオルをかけて叩けば、そんなにうるさくなく、近隣の迷惑にもならなそうです)

みんなー地球はいいところだー!

先日、私は地球のために生きていこうと思った。

そうせねば遠からず宇宙世紀がやってきて、コロニーやアクシズが地球に落とされてしまうからだ。

そうなる前に地球に優しい生き方をして、人類の雰囲気を朗らかなものにしていく必要がある。

また、そうすることで毎日の生活はより楽い感じになっていくであろう。

だがこのちっぽけな私に何ができるというのだろう? 私はいらだちのあまり爪を噛んだ。

壮大なことを考えると無力感に襲われるのが人の常なのだった。

でも、あきらめてはいけない。今の自分にできることから、一歩一歩、前に進んでいけばいいのだ。

一日に五センチでも前に進むことができたら、それは小さくても確かな勝利である。そのジャストワンビクトリーを積み重ねていけば、いずれ山をも動かすことができるだろう。

というわけで私は今の自分にできる地球に優しい行動を探し、それを実行した。

LINEの自分の名前を地球に優しい感じに変えてみました。いいね!


関連アイテム