新しい万年筆、LAmy AL-STAR購入

今まで使っていた万年筆、Lamy Safariが壊れちゃった

私は先日、LamyのSafariという万年筆を紹介する記事を書いた。

かれこれ十年近く、このLamy Safariという万年筆を使っているという記事だ。どれだけ乱暴に使っても壊れないという記事だった。

それを書いた数日後に、スタバでモーニング・ページ(一日の始まりに、なんでもいいから頭の中にあることをノートに書き出し、脳をすっきりさせ、新しいアイデアが出てくる余地を作るという儀式)を書いているとき、私はSafariを床に落としてしまった。

Safariは運悪くペン先から床に落ちた。

これまで何度も床に落としてきたけど、今度は本当にペン先から床にあたったらしく、ペン先がおかしくなってしまった。紙にペン先が引っかかってなめらかに書けなくなってしまった。

ここで私が物や道具に対して思い入れを持つタイプであれば泣いてしまったかもしれない。

だが私は物は丁寧に使って、時が来ればサッと手放すタイプである。

壊れたSafariは感謝とともに捨てた。

そして新たなペンをAmazonに注文した。

数年間、欲しい欲しいと思いつつなぜか買わないでいたLamy Alstarである。

人にプレゼントであげたことはあるが、自分用に買ったのはこれが初めてだ。

Lamy Alstarとは

AlstarはSafariの上位機種である。Safariの材質はプラスチックであるが、Alstarにはアルミが使われている。見た目の形はほぼSafariと同様のものである。

ペン先の材質は、これまで私が使っていたSafariと違うようだ。これまで使っていたSafariのペン先は黒い金属でできていたが、Alstarはステンレス的な金属が使われている。

これまで使っていたSafariはどちらかと言えばガリガリ感のあるソリッドな書き味であったが、今手元にあるAlstarはスルスルというなめらかな書き味がある。とは言えば、どちらが良いというものではなく、また、私の使っていたSafariは十年近く前に買ったものなので、今のSafariのペン先がどうなっているかはわからない。

なんにせよこのAlstarも、前のSafariのように気持ちよく使えそうである。

使っていて一番強く感じる違いは、ペン軸の冷たさだ。Alstarはペン軸がアルミなため、持ってひやりとする冷たさを感じる。Safariはプラスチックだったため、なんの温度もなく、よく言えば持って安心感があった。悪く言えば惰性的な日常性が感じられた。

今回買ったAlstarは持つと冷たいので、気分がシャキッとする、冬に水を浴びるような気合が入る、それを握っている間、意識の明晰度が上がる、などなどの効果が期待できる。

また色はこれまで買ったことのない、紫ピンクのものを買ってみた。はっきり言って抵抗感のある色であるが、持ちなれない色を持つことによって、自分の精神に何かしらの非日常的な変化が生じることが期待できる。

現在は一仕事終えたというタイミングでもあり、使い慣れた道具を新しい道具にアップデートするには丁度いい時期なのかもしれない。

我欲頭音鳴機械

モニタリングヘッドホンが欲しい。

特にこの前、ラジオ収録にFM TOKYOに行ったとき、スタジオにあったあのヘッドホンが欲しい。

それはこれだ!

これはDTMなど音楽制作をやるとき必須と言われているモニタリングヘッドホンの業界標準として何年も使われていたもので、そのためラジオ局にもあったのだろう。

今、私は何年も前にツタヤで二千円ぐらいで買ったヘッドホンで音楽を作っている。

私は最近、音楽に対する感性が鋭くなっている。音のいろいろな周波数帯域に対しての認識が深く広くなっている。そのためこの二千円のヘッドホンのアラが感じられるようになってきた。

前はDTMなんてそんなもんに金なんてかけなくていいんだよー、どうせ高いヘッドホンなんてファッションで買ってるんだよー、そんなもの俺にはいらねーんだよー、という気持ちでこの二千円のヘッドホンに誇りを持って使っていた。

しかし最近、明らかにこのヘッドホンではあまりよろしくないのが感じられる。

アムロがめっちゃパイロットとして進化した結果、従来のガンダムではアムロの能力を発揮しきれなくなったのと同様の事態が私に起こっている。

私の進化した音楽的感性が、この二千円のヘッドホンの性能を上回ってしまったのだ!

だからそろそろ買わねばなるまい。モニタリングヘッドホンとやらを!

ちなみにスピーカーの方は後回しになります。なぜなら私は壁の薄い部屋に住んでいて、あまりガンガン音を鳴らせないからです。音楽作りの作業のほとんどはヘッドホンでやってるからね。

いつかサウンド&レコーディング紙に出てくる格好いいスタジオの写真みたいな部屋に住みたい。

お知らせ

『ライト・ノベル サウンドトラック』というCDを作り、販売しました。その関連で、CDに入れた曲のほとんどは、SoundCloudで聴けなくしました。

『ライト・ノベル サウンドトラック』は、現在、イベントでの販売や私からの手渡しでのみ流通しておりますが、いずれBandCampなどでデジタル販売もする予定です。

Amazonサイバーマンデーで買ったもの

Echo Dot

流行に乗り遅れまいと、Amazonの誇るスマートスピーカー、Echoシリーズの一番小さいやつを買いました。

「アレクサ、なんか音楽流して」と言うと、ちゃんと適当な音楽を流してくれます。Amazon Musicはあまり使っていないのですが、気が利いたイージーリスニング的BGMをさっと流してくれるので、部屋がおしゃれな喫茶店の雰囲気になります。

米国では12月15日からApple Musicの再生にも対応するそうで、日本でもそうなったら音楽再生機として我が家では最強の地位を手に入れそうです。

スピーカーの音にはまったくこだわりの無い私ですが(自作の音楽もソニーの三千円くらいのヘッドホンで作ってる)Echo Dotの音質はかなり良く、やっぱりいい音で音楽を聴くと嬉しいです。なんでこんな小さなものから、こんないい音がでるのか不思議。

こんな便利で素敵な機械が三千円台で手に入るとは凄い!! 相当、生活が豊かになりそう。Amazonありがとう。私はAmazonが大好きです。

Fire TV Stick

今日、家に届いたこのアイテムでさっそくアニメ、ゾンビランド・サガを観てみました。

まだ2話までしか観てませんが、凄い感動する! これは「けいおん」以来の大ヒット音楽アニメになりそう。毎回、ライブシーンが感動して震えます。魂が入ってる素敵なアニメです。

Fire TV Stickは本当に便利。

ほとんどテレビ放送を見ることがなくなって、置物と化していた我が家のテレビが復活しました。スマホで観ていたアニメをテレビで見たり、ネット動画をテレビで見たりすると大画面で綺麗。

綺麗に映像を観れるという点もいいのですが、それより、さっと音声認識機能つきのリモコンの簡単な操作で観たいものをすぐ観れる操作性の良さが素晴らしいです。スマホでちまちま観たいものを探すより、すっとすぐに観たいものを再生できます。

これも三千円台で買えるというのが凄い。生活が豊かになりそう。Amazonありがとう。私はAmazonが大好きです。

ブラックフライデーで買ったもの

ところでサイバーマンデーの前にはブラックフライデーがあり、DTMerの散財の季節とされているのをご存知でしょうか。DTM用品や各種プラグインが大安売りで投げ売りされるのです。

私も今年のブラックフライデーではいくつかDTM用のアイテムを買い増ししました。

  • プラグイン販売サイトPlugin Boutiqueにて
    • InstaScale/InstaChord
      • まだ使っていないが、スケールやコードをワンタッチでいろいろあれこれできるMidiエフェクトプラグインのようなものらしい。ゆめはて.comに記事あり。あとで触りながら読ませていただきます。
    • Sphere Series Bandle
      • コンプレッサーとディレイと各種エフェクターの詰め合わせ。見た目がかっこよかったので購入。すでに大量のコンプレッサーとこの手のプラグインを持っている中で、どう活躍してくれるのか今後に期待。
  • サンプルパック販売サイトFunction Loopsにて
    • Ethnic Female Voices
      • その名の通りエスニックな女性の声が入ったサンプル。これは買った直後、私のファースト・アルバム『ライト・ノベル サウンドトラック』の一曲目、『Explore』に使った。いい感じでさっと格好いい声を導入できて、トラックのクオリティが一段アップしました。まだセール中です。
    • Psytrance Studio Tools
      • サイ・トランスっていうジャンルの音楽を作るのに役立つサンプルパック。そもそもなんなんだ? サイ・トランスって? たぶんインフェクテッド・マッシュルームのようなものでしょうか。そうに違いない。こういうのをいつか作ってみたいので購入してみました。まだセール中です。

あとはブラックフライデーにもサイバーマンデーにも関係ないんですが、Zoom R8というMTRが欲しいです。これを使って、ギターやベースや自分の声を使って音楽を作ってみたい。

DAWから離れて作れる音楽の機材が欲しいんです。今、家にギターもあるしベースもあるし、小さいけれどカホンもあるし。これを使って全部、自分で演奏した音で音楽を作ってみたい。

前にギターの弾き語りで『たしかに』という歌を作ってSoundCloudにあげたのですが、照れながらの歌ではありますが、なんだか気に入ってしまって、自分でもよく聴いています。(今はもうちょっとギターがうまくなってるはず!)

こんな感じでまた自分の歌で曲作りたいな。

 

 

 

危険!中毒!栄養ドリンク!

私はドーピングが好きだ。

激鬱&スマドラ時代

ゼロ年代前半にはいわゆるスマートドラッグ的なものにハマった。大量に買った。しかし実は効果を何一つ感じることができなかった。

当時の私は激鬱人間であり、その激鬱症状に対して、どれだけスマートドラッグ的なものを投与しようとも焼け石に水ということだったのか。

仮にスマートドラッグで頭の回転が早くなったとしても、より高速回転で鬱がひどくなるだけだったのか。

結局、コツコツと自分を癒す各種のワークをやることで、激鬱は癒えていった。心が癒え、クリアになるにつれ、脳は勝手にスマートになっていった。よかったね! 自分を癒す各種のワークについてはPortal of Lightにいろいろ書いたような、そしてこれからも書く気がする。

BCCA&プロテイン時代

あるとき空手&筋トレにハマった私は、大量のプロテインとアミノ酸とその他訳のわからない、筋肉を増やすための各種の粉(合法)を買った。

粉をがぶ飲みしながら、ひたすらケトルベルを振り回し、ゴムチューブを引っ張り、空手道場に通う日々が続いた。しかしなかなか体重は増えなかった。むしろ粉を飲むごとにお腹の調子が悪くなっていくのが感じられた。

私は粉を飲むのをやめ、大量のじゃがいもと卵を食べるという、ロシアンパワー養生法という本に書かれていた、ロシア式トレーニングの食事法を始めた。本に書いてあったとおり、大量の芋を食べ、ケトルベルを振り回し、チューブを伸び縮みさせた。すると驚くべきことに、体脂肪率は一桁のまま、あっという間に体重が十キロ近く増えた。

ドーピング大好き

自分の能力を向上させるためにドーピングをしては、結局なんの効果もなくて別の方法を採用し、それによっていい結果を得るということが、私の人生で繰り返されている。

しかし人生には夢が必要だ。

これを飲むだけでステータスがブーストされるという夢を私は愛している。。。

だからドーピングしたい。そしてステータスを手軽にアップさせたい。

とはいえ、あまり体に反動が出るようなものは飲んだらだめだ!

だめだぞ!

それは声を大にして言っておきたい。

酒タバコ、その他ハードドラッグなどは言うまでもなく体に悪いものなので、ステータスがアップするどころかダウンするもので、避けた方が良いのは言うまでもない。

避けるべきだ。

また、エナジードリンクも体に良くないので、毎日飲むようなことは避けたい。

エナドリは、祝いの席や、今夜はハメを外すぞ! というときだけにとどめたい。

特に「クリエイティブな作業のお供にエナジードリンク!」などという習慣がつくと、それはあまりよくないですよね。非常によくないと思います。

エナジードリンクなんかを毎日飲むぐらいなら、むしろ栄養ドリンクを毎日飲んだ方がいい。私はそう思います。

そう、私は最近は、チョコラBBハイパーを飲んでいる。

毎日これを飲んでいる!

私の体感では、これは毎日飲んでも体に悪い感じはしない。

また、集中力アップという作用があると歌われているドリンクであり、そんなこと言われたら、どうしても飲みたくなってしまう。

これがやめられねーんだよー! 飲まなきゃやってられねーんだよー!

もうしばらく飲んでみたいと思います。