新曲完成『THIS NEW WORLD』

先日アップしたばかりの超傑作、Northern Wind Festivalの熱も冷めやらぬうちにトラックメイカーTKMTが新曲をアップしました!!

その名もTHIS NEW WORLD!!! それでは聴いてください。

うーん、いい曲。

作業記録

・脇道にそれない、スピーディな作業を心がけた

Northern Wind Festivalは製作開始から公開まで五ヶ月もかかった。

その反省を踏まえ、次の作品はさっさと作って完成させたいと思った。

そのために細部に気を取られず、ぱっぱっと全体構造を作ることに注力した。

ところで最近、なんとなく自分がよく作業で詰まるパターンがわかってきた。うまくいかないことを無理に推し進めようとするとつまる。(当たり前か!)

そこで、無理っぽい流れに自分が乗りつつあることに気づいたら、その作業を一端停止し、もとのいい感じの流れに戻ることを心がけた。

そのおかげかどうかわからないが、2日で作曲完了した。これは私的には最短記録かもしれない。

細かい部分はいろいろ気にかかるが、とりあえず日曜日中にアップしてしまった。月曜からは小説に集中したいからだ。

だいたいミックス、マスタリングをいくら頑張っても、それでアップするクオリティはせいぜい10%程度のものだろう。

それに気を取られて時間を潰すよりも、ぽんぽんとテンポよく新曲を作っていったほうが結果的には効率よくスキルが上達するはずだ。

完璧主義はよくない!

ということでさっさとアップしてみました。

・借用コードを使ってみた

これまで私は頑なにダイアトニックコード(一番の基本となるコード群)で作曲してきた。

だがそろそろだんだん、ダイアトニックコードの全領域に対する理解が深まってきた感があり、その領域の外に出ていく自信がついてきた。

そこでおっかなびっくりであるが、今回、ダイアトニック・コードの外にあるコード、借用コードを使って作曲してみることにした。

結果、うろ覚えであるが、こんな感じのコード(にテンションがいろいろついたやつ)ができた。

CM7 Am7 Gm7 G7 F#m(♭5)7 FM7

これは元はといえば、Cメジャーキーのダイアトニックコードで作った以下のコード進行を変形したものである。

CM7 Am7 G7 FM7

この3つ目のG7を半分に割り、一方をFメジャーキーからの借用コードGm7(FメジャーキーではⅡ)に入れ替えた。

また同様に、4つ目のFM7を半分に割り、その一方をGメジャーキーからの借用コード、F#(♭5)7(GメジャーキーではⅦ)に入れ替えた。

これによって調性がちょっと曖昧な、ふわっとした雰囲気のコード進行ができた。

結果、ほわほわほわーんとした浮遊感のあるイメージを醸し出すことができた。

・コード理論の教科書

私にとって一番わかりやすく、よく参考にしているのが、ミュージック・プランツという音楽学校が無料公開してくださっている音楽理論のテキストだ。

これは凄まじくわかりやすく実用的でためになるテキストなので、これから音楽を作ろう、あるいは今作っていて音楽理論を深く学びたい皆様に全力でおすすめしたい。

その他に読んでいるテキストとしては以下のものがある。

どちらもおすすめの本です。

何冊かテキストを同時並行で読むことで復習になるし、いろいろな角度から知識を深められると思います。

音楽理論はむずいけど面白い

音楽を始めた最初の頃は、脳が音楽理論を理解することを拒否していたのですが笑。。。

作曲したり、キーボード、ギター練習したりしながら、少しずつ時間をかけて理論を体に染み込ませるようにしていくと、だんだん理論への抵抗感が薄れてきました。

で、学べば学ぶほど音楽が面白くなってきています。

今は本当に、いい本、いいテキストがたくさんある時代なので、音楽を学ぶのも昔に比べて簡単なはずです。

助かってます!

今後もいろいろな本やテキストの知恵を借りつつ、ぽんぽんと新曲を作っていきたいと思います。

今後もトラックメイカーTKMTをよろしくお願いいたします! ぜひ私の曲、たくさん聴いてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です