Kindle Unlimitedで成年コミックを読む

私は成年コミックが好きだ。成年コミックこそが人類の文化の最先端であると思っている。こういった文化があるだけで日本という国の素晴らしさが感じられる。

最近では成年コミックはKindleでカジュアルに読めるようになってきた。しかもUnlimitedに登録すればかなりの数の成年コミックを無料で読める。

<iframe src=”https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?o=9&p=293&l=ur1&category=kindleunlimited&banner=05G450N240N3CHYBN2R2&f=ifr&linkID=e4bbb89c192e8815cca58603847af16d&t=chokobi-22&tracking_id=chokobi-22″ width=”640″ height=”100″ scrolling=”no” border=”0″ marginwidth=”0″ style=”border:none;” frameborder=”0″></iframe>

成年コミックと音楽の教則本とSound & Recording誌の読み放題で、私がKindle Unlimitedから得た利益は計り知れない。

Kindle Unlimitedで読める成年コミック雑誌の中で、私のお気に入りは『アクション・ピザッツ』である。非常に安定感のある雑誌であり、地に足の着いた成年コミック表現が感じられる。

成年コミックはともすれば極端に非現実的な表現に走りがちであり、そういったものは確かに脳を刺激する力が強いが、なんていうか副作用も大きいように感じる。

あまりに極端な表現に走った成年コミックは、読んだあと、脳に高濃度の汚れが注入された気分になり、ぐったりすることが多い。どんな表現もそうだが、極端に走った作品は、良かれ悪しから受け手の精神バランスを崩す作用を持っている。

そんなことを言えばそもそも成年コミックというジャンル自体が極端に走った表現ジャンルであって、最初からバランスなど崩れているとも言える。人間が興奮し日常から非日常へと肉体と精神のバランスが崩れきった瞬間を描くのが成年コミックなのだから。

しかしそのようなエクストリームな領域にもバランスを見出していくのが人間であり、それがアーティストの仕事のひとつである。

そもそもマンガを描くというのは長時間の粘り強い作業が必要な、高度なバランス感覚を要する作業である。

だから性的な興奮の瞬間という非日常を描くにしても、それがマンガによって描かれた時点で、すでに十分にバランスのとれた創作物として完成しているとも言える。

アクション・ピザッツはその中でも特に安定感、バランス感覚に優れた成年コミック雑誌であり、毎月、楽しみに読んでいる。

毎月、このような雑誌が無料で読めることに感謝しつつ、優れた作品は単行本で購入していきたいと思っている。彩画堂さんの作品が絵、ストーリーともに好きなので少しずつ買っていきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です