雨がっぱ少女群の新作

知る人ぞ知る漫画家、雨がっぱ少女群の新作、『麻衣の虫ぐらし』を読む。

例によってAmazon様におすすめされ、本作が刊行されているのを知った。

素晴らしい傑作である。

ちなみに雨がっぱ少女群と言えばちょっと昔、当時のガールフレンドと一緒に読んだことが懐かしく思い出される。同じ棚に並んでいたあわじひめじ先生の漫画などと一緒にTSUTAYAで購入したものだった。ガールフレンドはあわじひめじ先生の漫画の方を好んでいたように思われる。

今回の雨がっぱ先生の新作は完全な一般コミックである。私の中のコミック分類では『少女と虫』というジャンルに分類される作品である。

『少女と虫』というジャンルで、他に私の脳内に並べられている作品といえば、小川幸辰の『エンブリヲ』だ。

これは私が中学生のときにアフタヌーンで読み、それ以来、強くそのイメージが心に焼き付いて離れない作品である。表紙やAmazonレビューに惹かれるものがあればぜひご一読をおすすめする。

小川幸辰氏は最近では、『みくまりの谷深』という新作を書かれている。

これはまだ未読だったが、今、この瞬間、Amazonで買いまーす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です