我欲頭音鳴機械

モニタリングヘッドホンが欲しい。

特にこの前、ラジオ収録にFM TOKYOに行ったとき、スタジオにあったあのヘッドホンが欲しい。

それはこれだ!

これはDTMなど音楽制作をやるとき必須と言われているモニタリングヘッドホンの業界標準として何年も使われていたもので、そのためラジオ局にもあったのだろう。

今、私は何年も前にツタヤで二千円ぐらいで買ったヘッドホンで音楽を作っている。

私は最近、音楽に対する感性が鋭くなっている。音のいろいろな周波数帯域に対しての認識が深く広くなっている。そのためこの二千円のヘッドホンのアラが感じられるようになってきた。

前はDTMなんてそんなもんに金なんてかけなくていいんだよー、どうせ高いヘッドホンなんてファッションで買ってるんだよー、そんなもの俺にはいらねーんだよー、という気持ちでこの二千円のヘッドホンに誇りを持って使っていた。

しかし最近、明らかにこのヘッドホンではあまりよろしくないのが感じられる。

アムロがめっちゃパイロットとして進化した結果、従来のガンダムではアムロの能力を発揮しきれなくなったのと同様の事態が私に起こっている。

私の進化した音楽的感性が、この二千円のヘッドホンの性能を上回ってしまったのだ!

だからそろそろ買わねばなるまい。モニタリングヘッドホンとやらを!

ちなみにスピーカーの方は後回しになります。なぜなら私は壁の薄い部屋に住んでいて、あまりガンガン音を鳴らせないからです。音楽作りの作業のほとんどはヘッドホンでやってるからね。

いつかサウンド&レコーディング紙に出てくる格好いいスタジオの写真みたいな部屋に住みたい。

お知らせ

『ライト・ノベル サウンドトラック』というCDを作り、販売しました。その関連で、CDに入れた曲のほとんどは、SoundCloudで聴けなくしました。

『ライト・ノベル サウンドトラック』は、現在、イベントでの販売や私からの手渡しでのみ流通しておりますが、いずれBandCampなどでデジタル販売もする予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です