いいノートがあれば気持ちよく創作活動できる

音楽、小説、ブログ、その他諸々、何を作るにしても紙のノートが必要だ。

パソコンやスマホは創作物の最終アウトプットのために役立つが、その前段階で、アイデアを出したり全体の設計を考えたりするには、あまり役に立たない。

創作行為におけるアイデア出しや全体設計のフェイズでは、全体を見通しながら、モヤモヤとした霞のようなイメージを少しずつ形にしていく作業が必要になる。その作業は紙とペンでやるほうがパソコンなどを使うよりも遥かにやりやすい。

というわけで何かの創作活動をしている者は、ノートパソコンやスマホの他に、常にノートを持っておくべきである。

また全人類、あらゆる人は、自分の人生のクリエイターである。よって、この人生をどう作っていくか、どのような全体設計にしたいのか、日々、常にちょこちょこと考える必要がある。そのような人生の設計図作りのためには、やはり紙のノートの方がパソコンよりも役に立つ。

おすすめノートその1.モレスキン

数年前まで、私はこのノートを使っていた。

みんなだいすき、モレスキンだ。輸入版の方が千円ほど安く買える。

このノートは作家のヘミングウェイやその他、さまざまな大物クリエイターがかつて好んで使っていたタイプの手帳をイメージして作られたものである。

私がモレスキンを使うようになったのは、2004年公開の映画「ネバーランド」を観て、作中に出てくる手帳が欲しくなったのがきっかけだ。この予告編にも印象深く出てくる黒いカバーの手帳に似ているノートがモレスキンだ。

私は何年もモレスキンを大量に使った。私は創作能力向上のためのエクササイズとして、モーニング・ページというものを毎朝書いていた。特に、そのためにモレスキンを使った。

余談ではありますが、モーニング・ページについて詳細を知りたい方はこの本をどうぞ。

小説家が創作能力を復活させ向上させるための方法が書かれた本です。ですが、この中で紹介されているモーニング・ページやその他さまざまなエクササイズは、どのようなタイプのクリエイター、アーティストにとっても大いに役立ちます。

おすすめノートその2.ミドリ MDノート

最近私が使っているノートはミドリのMDノートだ。

これはモレスキンに比べればとてもお買い得な値段で買いやすい。また、使っていて気持ちが安らぐソフトな雰囲気を漂わせている。

モレスキンは、アークや聖杯やクリスタル・スカル等、古代の秘宝を探しに旅立ちたくなるような、気分をアゲる性質を持っている。

(インディ・ジョーンズのお父さんが使っている手帳が、モレスキンにそっくり。その他、いろんな映画に似たタイプの手帳がよく出てきます。アメリとか)

一方、MDノートは日々の生活に優しく寄り添ってサポートしてくれる性質を持っている。

紙質や、ノートの全体の作りに、使って気持ちのいい丁寧さ、ハイクオリティさがある。

モレスキンでは万年筆を使って書くと、インクが激しく裏写りすることがあった。MDノートではそのような問題は無い。

また、MDノートには別売りのカバーがある。ビニール、紙、革の製品があり、好きなものを選んで装着できる。そのようなカスタマイズ感のあるシステムが使っていて楽しい。

というわけで、モレスキンもいいが、今の私の一押しノートはミドリのMDノートである。特にA5サイズの方眼ノートに紙のカバーを付けて使うのがお気に入りだ。

ぜひ皆さん、素敵なノートを使って、実りある創作活動をしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です