おすすめコミック『シュリンプ・キングダム』

本日、私が自信を持っておすすめするマンガは生駒陽さんの『シュリンプ・キングダム』だ。

ジャンププラスで連載されている作品が単行本にまとまったものである。

私は連載開始当初からジャンププラスで読んでいたが、今回、単行本をゲットできて所有欲が電子的に満たされている。我がKindle fireの内包する『面白さ』『エッチさ』のメーターが何ポイントか上昇したのを感じる。

本作は世界征服を企むシュリンプ・キングダムの面々、幸子(可愛い)と、彼女が作った怪人、ザリガニバズーカ(一話目で死ぬ)と、カニバズーカ(二話目で死ぬ)が繰り広げるちょっとエッチなコメディである。

エッチなコメディの漫画、専門用語でエロコメなどと呼ばれるそれを私は幼少時から愛していた。だがここ十数年、私は意識を拡張し、自分のリミッターを外して各種の夢を叶え欲望を満たし、創作能力を爆発的に増幅させ、さらに不老不死になるために瞑想を始めた。

その際、エロいイメージは瞑想の妨げになるため、あまりエロいものを摂取しないよう気をつける時期が何年も続いていた。エロいものを見ると瞑想に使われるべき肉体的、精神的パワーを消耗しがちなのだった。

だが最近、瞑想力の高まりにより、私はどれだけエロいものと接してもそれを自分の精神的なエネルギーとしていい感じに吸収できるようになってきた。

そのためエッチなマンガをまた昔のように楽しめるようになってきた。むしろ昔よりも気持ちよくフルスペクトルでエッチなマンガとオープンハートで接することができる。。。

シュリンプ・キングダムの魅力

本作『シュリンプ・キングダム』はなんと言っても絵が魅力である。幸子(表紙でパンツを見せているキャラ)がところどころすごく可愛く描かれている。この可愛さ、質感は他に類を見ない独特なものである。

また、天魔降臨の刻が来たとき、幸子を誘惑しにやってきた古の魔天使の造形が素晴らしく魅力的である。このキャラはぜひまたいつか見てみたい。

こういうマンガを家でゆったりと読んでいると私は深い幸せを感じる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です