今日の読書

サウンドデザイナー 2018 8月号

現在、DTM業界には2つのメジャーな雑誌があり、そのひとつがこのサウンドデザイナー誌である。もう一方のサウンド&レコーディング誌よりも、間口が広く初心者にフレンドリーな雰囲気を発しているよう感じられる。

とは言っても今月号の特集は『コンプレッサー』であり、音を圧縮する道具に過ぎないコンプレッサーについて延々と何ページも詳細な記事が続く。十分にマニアックである。

こういったマニアックな、ともすれば木を見て森を見ず状態に陥るんじゃないかという危機感すら感じさせる記事を読むと、特定の趣味ジャンルに深くハマることの危うい気持ちよさが感じられる。

表現したいものと、それを表現するための手段の間にある危ういバランスは、表現手段のための知識を増やすたびに崩れそうになる。つまり手段が目的化してしまうのだ。

いい音を出したい、なんてことは本来、ただの手段に過ぎないのだが、それが最終目的と化してしまうのである。本当の目的は、音楽を作ることによって、この世にまだ産まれていない何かを創造することであったはずなのに。またそれを人に聴いてもらうことによって、自分の中から外へと何かを表現することであったはずなのに。

そのような目的はたやすく忘れられて、それよりも理性によって把握しやすい「音の良さ」のようなものに、創作者の意識はたやすく奪われがちだ。

しかしそのような表層的なことを追求する気持ちよさというものも事実、存在しているのは確かであり、私はそういう機材マニア的な方向性も大好きです。

まあ、何事も大事なのはバランスでよね。。。。

それはともかく、本誌で紹介されていて、その他にも様々なブログで「最初に買うべきアウトボード」として紹介されていたこれが欲しい!

凄い安いのにとてもいい感じに効くコンプレッサーだそうです。これで音をね、ギュッと圧縮するんです。こんなのが机の上に一台あったら、音楽制作が楽しくなりそうな気がする。欲しいょ。。。


つばな 惑星クローゼット

先日紹介した第七女子会彷徨の作者、つばなさんの別の漫画である。

低位アストラル界にアストラル・プロジェクションした少女たちが、そこで虫状の寄生体に遭遇し、体を乗っ取られるというストーリー。キモくて怖いけど、作品の底にある雰囲気がほのぼのしているのでちょうどいいバランスで読める。

ここに出てくる虫状の精神寄生体というのが、なんというか本当にそんなものが、低位アストラル界的な領域に実際に存在している感じがする。

で、別次元を探求しようとする者のエーテル体に取り付き、その者の精神エネルギーを奪い、その者の意識を低層に縛り付けるような働きをしている気がする。

私もそういった気持ち悪い存在が出てくる、凄まじく気持ち悪い夢を何度か見たことがある。そういった意味で強くリアル感がある漫画だった。

コリン・ウィルソンの『精神寄生体』に書かれているのも、たぶん同様のものだろうと思う。でもコリン・ウィルソンの本には可愛い女の子は出てこないので、そこが残念です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です