小説の書き方 mini TIPS その2.『意図を設定する』

前回の小説の書き方 mini TIPSでは『ネタ/アイデアを生み出し、それをキャプチャーするためのシステムを持つ』ということについて書いた。

このシステムを稼働させることにより、小説の部品が少しずつ溜まっていく。また創作活動のための基本的な筋力が身についていく。

これは小説という建造物の部品となる石材をひとつひとつ集めてくるような、いわばボトムアップ的な作業である。

そのボトムアップ的な作業は、今回紹介する『意図を設定する』というトップダウン的な作業と対になることで、大きな効果を発揮する。

意図を持ってアイデアを集める

小説の意図を設定しないままアイデアを集めることほど虚しいことはない。

意図がない状態で集められたアイデアは漠然としており、明確な焦点を結ばず、うまく組み上げることは難しい。しかし確固たる意図がある状態で集められたアイデアは、望みの意図を達成するため材料としてそれぞれがうまく組み合わされ、自分が望んだものを作り上げる役に立つ。

というわけで小説を書く前に、これから自分が書くであろう小説の意図を考えることは決定的に大事である。

だが小説の意図とは、具体的にはいったいどういったものだろう?

小説の意図とは

それは別に難しいものではない。

たとえば「この小説を書いて私は、プロになる!」みたいな願望も、その小説の意図ということになる。あるいは「この小説を書いて私は、金持ちになる」みたいな願望も、当然、その小説の意図ということになる。今回のTIPSは、作品意図、つまりその作品の目的を、前もってある程度は考えておくべき、というただそれだけの話である。だがこれは意外に疎かにされがちである。

ところで、「この小説を書いてお金を作る」というのは作者のための意図である。それを考えると同時に、小説を受け取ってくれる人々や扱ってくれる人々のための意図についても考えておく必要がある。つまり読者や出版社やこの社会に対して、自分がこれから書く小説がどんな効果、意味を持つのかについても、具体的に意図しておく必要がある。

小説は商品でありコンテンツであり、生産物であり農作物みたいなもので、作り手から受け手への贈り物のようなものである。そのギフトを通じて、どんな利益を読者に与えたいだろうか。

小説を通じて、読者にどんな感覚、感情、考えを与えたいだろうか。また、その小説を通じて、出版社やこの社会に、どんな価値や影響を与えたいだろうか。与えたい影響を前もって考えておくことが、その小説の、読者や社会に対する意図を設定するということである。

まとめ

自分に、読者に、出版社に、社会に、どんな価値や影響を与える小説を書きたいかを前もって考えておくことで、実際にそのような効果を持つ小説を書くことができる。

ちなみに私がかつて書いた小説、『NHKにようこそ!』を書く際、私は以下のような意図を持ってそれを書いた。

  • お金を私にもたらす小説
  • メディアミックスしまくる小説
  • 全世界の自分に似た読者に、笑いと、安心感と、勢いと感動を伝える小説
  • 闇の中に隠れていたオタク的、ひきこもり的生き方を陽の光のもとにさらけだす小説

で、「こんなものを書くぞ!」と思って書いた結果、だいたいそのようなものが書けた。その他の小説についても同様である。

というわけで意図を設定することは超重要なことであると私は思う。

漠然とやったって、漠然とした結果しかでない。

なんとなくで書いてたら、なんとなくなものしか書けない。

しかし、「こんなものを作るぞ」と意識的に決意したとき、実際にそんなものが作れる。少なくとも、その意図に近いものが産まれるのである。

とはいえ、いまだこの世に存在してないものについて、何かしらの意図を持つことは本当に難しい。それは確かである。でも、最初は漠然とでもいいので、どんな意図を持って小説を書くのかを考え、箇条書きにしてメモっておくことをおすすめする。

  • その小説は自分に何をもたらすだろうか?
  • その小説は読者に何をもたらすだろうか?
  • その小説は出版社に何をもたらすだろうか?
  • その小説は社会に何をもたらすだろうか?

このような質問に対する答えを、思いつくだけ紙に書き出してみることをおすすめする。

このように意図を設定することで、小説製作に目的が生まれる。目的が見つかれば、そこに向かって歩いていくことができる。


おしらせ

7月30日『クリエイティブ瞑想講座』を開催します。

上に書いたようなTIPSとはまた別の方向性から創作力を伸ばすためのセミナーです。

瞑想/イメトレによって創作の障害を取り除き、意図を現実にする力をブーストします。

ぜひ皆様ご参加ください。

お申込みはこちらからどうぞ!

小説の書き方 mini TIPS その1『ネタを生み出すシステムを持つ』

私は小説を書きまくってきた。十歳ぐらいに小説家になろうと決意し、それから三十年、毎日、小説のことを考えて生きてきた。

また、書いてきたいずれの小説も何かしらの意味において成功させてきた。どの作品もそれを書くことで大いに学びがあり大いに成長があった。

ここでせっかくなので、私が長年の経験から学んできた、小説を効率よく生み出すためのTIPSをいくつか公開しておきたい。

TIPS その1.ネタを生み出すためのシステムを持つ

小説と言っても無からいきなり生じるわけではない。

いや、一つ一つのアイデアは無から生じるわけだが、そのアイデアの集合として小説があるわけなので、まずはアイデアをこつこつ集めていかなければならない。小説の素材となるアイデア=ネタを集めていかなければならない。

それは寿司の材料たる魚を仕入れるようなものだ。お寿司屋さんでは店を開く前に魚を市場から仕入れ、適切な下ごしらえをして、冷蔵庫なりカウンターなりに綺麗に並べておく必要がある。小説も、いざ原稿用紙やエディタやワープロ画面の前に座ってタイピングする前に、ネタを仕入れ、それを使いやすいように保存し、必要とあらば下ごしらえしておく必要がある。

ネタの仕入先

ネタの仕入先はいくつもある。

  • 自分の心の中
    • 空想
    • 妄想
  • 生活体験
    • ごく普通の日常体験
    • ちょっとめずらしい体験
  • 映画
  • 音楽
  • アニメ
  • ゲーム
  • ネット、SNS等での他人の言葉

自分の心の中から湧いてきたものは、ネタとして高いレベルの新鮮さを誇る。

自分の生活体験は、ネタとしてそれなりに新鮮なものとして使うことができる。

本、映画、音楽、アニメ、ゲームなどなど、他人のコンテンツから得たものは、新鮮さとしてはだいぶ劣ってくるが、これは無限に仕入れることができるので十分に活用すべきである。また、他人のコンテンツから得たものを、自分の体験や空想と混ぜることで、オリジナリティがありつつも人口に膾炙しやすいネタを生み出すことができる。十分に活用すべきである。

ネット、SNS等での他人の言葉は、新鮮さとしては最低レベルになってくるが、ジャンクなうまさのようなものがあり、これも適宜、自分の作品にほどよく使えたら使ってもいい。

ネタを生み出し、キープするためのツール

上で説明した各種のネタは、そのままではただ自分の中を通り過ぎていく。使えそうなネタは、通り過ぎて行く前に、ネタ整理システムにキャプチャーすべきである。

そのようなシステムはいくつも考えられるし、同時並行していくつか持つべきである。

以下、各種のネタ整理システムについて説明する。

記憶

これは一番、よく使うシステムであるが、これだけに頼るのはヤバい。アイデアは抽象的かつあやふやなものなので、そのままではひらめいてしばらくすると、煙と消えてしまう。

また、独自性のあるアイデアというものは、本質的に不可解かつ異様なものに思えるものなので、紙に書き出して具体化しないと、無価値なものとして自分自身によって否定されがちである。しかし一度、書き出して具体化、個体化してしまえば、それは思考の世界から物質の世界へと消えざる痕跡を残したことになる。そうなれば、そのアイデアを肉付けしていくことは容易だ。

メモ帳

とりあえず記憶の中にあるアイデアはさっとメモ帳にメモする習慣を持つと良い。メモ帳は紙かもしれないし、スマホのメモ帳かもしれない。

紙であれば測量野帳はカッコいい。こんなのをポケットから取り出してアイデアをメモすれば、違いのわかる人間という感じがする。枕元に置いておいて、夢で見たアイデアを書き留めるにも便利。

定番のモレスキンのポケットサイズのヤツもいいだろう。高いが安定感がある。

日記帳

メモ帳と被るが、メモ帳は一時的なメモのためのものだとして、こっちは毎日、定期的に文章を書きためていくためのものである。

朝や晩に、その日考えたことやその日思ったことを書きとめていくといい。また、そのとき作ろうとしている作品のことや、心の中にある微細なアイデアを書き溜めていくのもいい。

メモ帳よりも大きなサイズのものが便利だろう。普通の大学ノートでもいいが、ちょっといいノート、たとえばミドリのMDノートなどを使えば気分もアガる。

各種のアイデア整理システム

日記帳の代わりに自分にあったアイデア整理システムを使うのもいい。

私は一時期、情報カードを使うPOICなるアイデア創造・整理システムを使っていた。このシステムで生み出したアイデアは非常に鮮度が高く、立体的な感じになるものが多かった。ご興味ある方はやってみるといいかも。

各種SNS

TwitterやFacebookやInstagramやらに思いついたことをメモしていくこともアイデア整理に有用だ。これは上に書いてあるシステムとは違い、ネタを他者の目に触れさせることができるという大きな利点がある。

他者の目に触れさせたネタは、自分だけが見ることができるネタよりも、ネタとして個体化しやすい。

ただ注意点として、SNS上に載せることのできるネタは、小さくまとまりがちというか、そのときの社会通念や、自分のフォロワーと同調したものになりがちである。

ネタの種類によっては、SNSに載せることによってそのネタが持つエネルギーが失われることもあるだろう。

よって、思いついたアイデアを何でもかんでもSNSに載せればいいというわけでもない。SNSは適切に使っていきたい。

ブログ

思いついたアイデアをキープする、また、積極的にアイデアを生み出すのツールの大本命としてあるのがブログである。

ブログは自分の城のようなものなので、SNSと違い、自分の個性、独自性を保った表現をすることが容易である。その一方で、SNSと同様、思いついたネタを人様の目に触れさせることができるため、アイデアを自分の中だけに留めるよりもスピーディに個体化、具体化、物質化できるという利点がある。

また、ブログに定期的に文章を書くことは、アウトプットのフローを自分の中に生み出し、それを維持し、拡大していくために、大いに役立つ。

人間は、アイデアという水を流すホースのようなものである。そのホースが通すことのできる水量は、最初はごく小さなものだ。だがそこに適切な水圧をかけて水を流し続けることで、そのホースを少しずつ太く強靭かつしなやかなものにしていくことができる。それにより、やがてコンスタントに大量の水量を流すことができるものへと変えていくことができる。

そのためのツールとしてブログは非常に非常に役立つ。

私もはじめての長編小説を書く前、ブログをやっていた。

一年ほどブログに日記やエッセイや短編小説を書き続け、それによって文章を大量にアウトプットする力を身に着けた。また自分が表現したいイメージや、沢山のアイデアを生み出し、ストックすることができた。

小説を書くためのブログを続けたことによって私が得た利益は計り知れない。

ブログはネタを生み出し、それをキープするための素晴らしいツールなのである。

まとめ

よく「小説を書きたい。だが何を書けばいいかわからない」という人がいる。それは自分が書きたいアイデアがまだ十分に溜まっていないということを意味している。

お寿司屋さんで言えば、お客さんに出したい魚が冷蔵庫の中に一匹も保存されていない状態だ。あるいは、魚は何匹か冷蔵庫の中にあるが、それが適切に下ごしらえされていない状態だ。

そんなときは、時間をかけて、小説の材料を集め、それを下ごしらえしていく作業が必要だ。

少しずつ自分の中にアイデアをため、それを自分の中で整理したり、それらを適宜、人目に触れる形に加工して、ネタとしての強度をあげていく必要がある。

これは時間がかかる作業であるが、いきなり長編小説を書こうとするよりも着実な前進が期待できる作業だ。

少しずつネタを溜めていけば、あるとき「あ、書ける!」という感じが自然に生まれてくる。そうなるまで地道にネタを集めていくことが、小説を書くための早道である。

またそのためには、自分のためのネタ製造、ネタ整理システムを作り、それを可動させていくことが役に立つだろう。


おしらせ

7月30日『クリエイティブ瞑想講座』を開催します。

上に書いたようなTIPSとはまた別の方向性から創作力を伸ばすためのセミナーです。

瞑想/イメトレによって創作の障害を取り除き、アイデアを形にする力を強力にブーストします!

ぜひ皆様ご参加ください。

お申込みはこちらからどうぞ!

新曲完成!『Asphalt Angel』

バンドでの新曲、アスファルト・エンジェルが完成しました。

バンド名は『ジ・エリーツ』です。選ばれし優秀な者達がやっているバンド、という意味が込められたバンド名です。

バンド名は当初『ロベスピエール』ということになっていたのですが、いつか斬首されそうで不吉であることと、今回ギターを弾いてくれたバンドメンバーの佐藤友哉さんと私が昔やっていたバンドの名前が『エリーツ』であることから、今回は『ジ・エリーツ』という名前で発表してみることにしました。

(とはいえメンバー間での民主的な話し合いにより、バンド名は変わる可能性があります)

ジ・エリーツの新曲、『アスファルト・エンジェル』のここが凄い

  1. 絡み合うサンプルヴォイスとボーカル
  2. 絡み合う生ギターと打ち込みギター
  3. ブレイク時のボーカルがハモリっぽくなるところ
  4. トランス風の曲構成とバンドサウンドの融合
  5. 一切の意味性が排除され、聴くものの思考を矯正停止させ深いトランスへと誘う歌詞
  6. 一つのコード進行を執拗に最初から最後まで繰り返す今風なエレクトロニックミュージック曲構成

こんなにも聴きどころにあふれた至高の名曲、アスファルト・マイエンジェル。どなたさまもぜひ五十回ほどお聴きください。聴くほどに良くなってきます。次回バンド練習は8月30日、14:30分より新宿にてという予定です。メンバーの皆様よろしくお願い致します。


参考図書

この本↑を書いた人がギターを弾いています。

この本↑を読めばド派手なバンド・サウンドが簡単に作れます。

この本↑を読めばギターもすぐに弾けるようになります。

今週のまとめ

今週はわけのわからない一週間だった。

とりあえずまだこのブログにアップロードしてなかった絵を載せておく。

作品No.3『横から見たポチャッコ』

その他、覚えてること、やったこと、出力したことを書いていく

月曜に佐藤友哉さんとバンド練習した

そこで昨年暮れに作りかけた曲『アスファルト・エンジェル』のレコーディングをした。

アスファルト・エンジェル 作詞 TKMT

Aメロ

アスファルト駆け抜ける 車 早い ×4

Bメロ

こんな夜は 寒いから 冷えるね ×6

サビ

ああ 傷ついた 羽を かかえて ×2

今夜は早めに お家に帰って ×2

今夜はぐっすり おやすみ マイエンジェル×2

曲は近日中に公開予定である。


月から土まで毎日、小説を書いた

朝にスタバに行き、三時間執筆。

店員さんとの一瞬の世間話が励みになっています。ありがたや。。。


水曜に宇都宮で一学期最後の授業

今回の授業では皆さんの『作家としての強み』について考えてもらった。

早いうちから自分の強みを意識することでそれを伸ばしていけるからね。

また、それがまだ見つからなくても、自分のいいところってなにかな、と考える習慣を持つことでそれを見つけられるようになるはず。


水曜夜に映画、プロメアを観た

面白い最高! 以外の感想があまり出てこないぐらい面白い映画。

モチーフの象徴性はよりクリアに、ストーリーはより愛に溢れ美しく、映像はさらに未来的に!

頭から尻尾まで気持ちいい最高の映像作品でした。観るべき!

グレンラガンもキルラキルも大好きだけど今はプロメアが一番好きです。


木曜、ちゃんと小説を書いた

この小説執筆の安定性は私の中ではかなり珍しいことです。

人前に出ると翌日、疲れちゃうのが私の長年の習性だったんですが、最近はちゃんと翌日も朝から仕事できてる! これは凄いことです。

しかも朝方で仕事できてる。最高か!

この本にある天才たちの日課、朝三時間の仕事をこのまま生活に定着させていきたい。

ちなみに私の独り言での口癖は小学生のころから『俺は天才』です。やっぱり思い込みが大事だと思う。(鬱状態になると『もうダメだ』……が増えます)

金曜、精神的に落ち込む

一応、朝に小説を書くことは書く。

午後、自宅で延々とまとめサイトを見る。

土曜、精神的に落ち込む

一応、朝に小説を書くことは書く。

午後、まとめサイトを見つつ、自宅で『アスファルト・マイエンジェル』のミックスを進める。

日曜、精神的に落ち込む

日曜は小説を書かなくていい日なので書かない。ずっと家でまとめサイトを見ている。

『ローソンで何か甘いものを買ってきたい』と考えながら三時間がすぎる。

さっきついにトロピカルフルーツミックスなるナタデココ入りのジュースを買ってくることに成功した。

窓の外を見るともう夜である。

総括

今週は後半、精神的に落ち込んでいる時間が多いが、それ自体にはなんの問題もない。人間、成長するときには精神的に危うくなりがちなのである。それでもちゃんと小説を書いたり、それなりに建設的なことを出来ている私はよくやっている。

来週の目標

とりあえず小説を朝に書き続けること。

あとは一日、一ブログアップしたいんだがこれはなかなか大変なんだよな。。。。

音楽の目標:アスファルト・マイエンジェルをアップする

ブログ:毎日、1ブログ書く

絵:毎日何か絵を書く

瞑想製作:PoLにアップする用の瞑想作品を製作する準備のための瞑想をする

その他プロジェクト:毎日こつこつ少しだけ進める

腕立て:一日一回

プランク:一日十秒

スクワット:一日一回

朝ヨガ:1ポーズ

などなどみたいな感じ! いろいろ悩み事はあると思いますが、悩み事はそれはそれとして脇に置いておきつつ、建設的な行動を淡々と続けて前進していく感じでよろしく頼みます。

目からうろこ!『ミレニアル世代のお金のリアル』

先日、私はパフェを食べる会に参加しました。

そこで豪勢なパフェを食べました。(下図参照

小説ばっか書いてると頭がおかしくなりがちなので、たまにはこのような社交の場に顔を出すことも大事なんです。

パフェも美味しかったです。

で………。

パフェを食べる会で経済評論家の横川楓さんと会った

その会の参加者のひとりに経済評論家の横川楓さんがおられた。

横川さんと話しながら私は思った。

横川さん、初対面のはずなのに、つい最近、どこかで見たことがある気がする。

どこで見たんだっけな。。。

しばらく考えていると思い出すことができた。

そうだ、あれだ!

いきつけの書店、川崎の有隣堂のお金の本コーナーで平積みになっている『ミレニアル世代のお金のリアル』のPOPだ!下図参照

 

つい先日、書店で見た本の著者にリアルで会った私は驚いた。

しかも驚くべきことに横川さんからご著書まで頂いてしまった。

買おうと思っていた本だったので凄く嬉しいです。頼んだらサインまで頂いてしまいました。

ありがとうございます!!

内容紹介:ミレニアル世代のお金のリアル

今を生きる若者が必要とするお金の知識について書かれた本。年金や貯金をどうするか、家は買うべきか借りるべきか、保険はどうしたらいいのかなど、お金に関するさまざまなトピックについてついて具体的な行動指針を持つための情報やアイデアが満載。

ミレニアル世代とは2000年以降に成人した世代ということなので、私はちょっと年齢的に外れてしまう。だがそれでも本書に書かれているさまざまなトピックは、私としても「なるほど!」と目からうろこな内容が多かった。よってミレニアル世代だけでなく、私と同世代のいわゆる氷河期世代の方でも有益な本。

普通のお金の本は、上の世代が上の世代に向けて書いたもので、そこで書かれている経済状況と、ミレニアル世代の経済状態はかなりシチュエーションが違っている。よってミレニアル世代が上の世代のお金本を読んでも、なんだかしっくりこないとか、そこに書かれている知識を自分の現実生活に適応できないことが多い。

一方この本はミレニアル世代が直面するお金のリアルについて、今現在の身近な視点とデータから描かれている。そのため、本書の内容を自分の実生活に役立てることは容易である。特に以下のトピックなど目からウロコで、すぐ実践したくなった。

お金を置いておくのに、銀行よりおすすめの場所

趣味の出費が多い人へのアドバイス

働き盛りで時間がなく、初心者におすすめの投資法

また、本書の最終章ではミレニアル世代が今後、直面する社会状況に関する未来予想とそこを生き抜くすべが書かれている。少子高齢化でこのあと社会はどんな感じになっていくのかとか、私達に何ができるのか。選挙には行くべきかとか、どう仕事をし、どうお金を稼ぐべきなのか。

自分で行動した人はどんどん豊かになり、何もしない人はどんどん取り残されていくーー。

これからはどんどんそういった時代になっていくでしょう。

こう言われると将来が怖くなってしまう感じもするが、筆致が淡々と落ち着いており、全体的に温かみある雰囲気が漂っている本なので、読んでいてなんとなく気分が落ち着いてくる。そんな、お金に関して正しい判断をするための安心感が感じられる本。

ちなみに著者の横川楓さんはMBAを持つ経済評論家でありながら、地下アイドルの経験があるという移植の経歴の持ち主で、まさにミレニアル世代っぽい感じですね。

ミレニアル世代は、いろいろなものが進化する中で成長してきた世代です。新しいことを取り入れて、自分をアップデートしていくのは、きっと得意なはず。

私はミレニアル世代じゃないんですが、私もどんどん新しいものを取り入れて、いろいろ人生をアップデートしていきたいなと、この最後の方に書かれている文章を読んで思いました。

先週の振り返り/今週の目標

先週やったこと

タブレット購入/絵を描いた

タブレットを買った。そして絵を描いた。今のところ、毎日、何かしらの絵を描くことができている。これが何に繋がっていくのかはわからないが、とりあえず毎日、5分でも絵を描いていきたい。

小説と音楽を同時にやることで、脳が立体的に拡張されている感がある。そこに絵画も加えることで、創作能力を新たな次元に引き上げられるのではないか。特に俺はヴィジュアル能力が弱いのでそこが強化できれば、小説のイメージ喚起力がぐっと底上げされるはず。

作品No.02 斜めから見たポチャッコ

タブレットの使いやすさについて

機種は買う前にさんざん悩んだが、最もシンプルなこのWacom Oneを買って良かったと思う。

サイズはMだが、絵を描くにはこのぐらいの広さが必要に思う。

ショートカット用の特殊キーなどは付いていないが、ショートカットはすべてキーボードを使ってやるので問題ない。

ただ、タッチパネル機能は気になるところである。日常のファイル操作やネットサーフィンなど、いちいちペンを持つのが億劫なのが正直なところだ。タッチパネル機能があれば、そういった操作をペン無しでできて有用そうに思う。

ペンタブレットとAbleton Liveについて

まだタブレットを本格的に製作に使っていないが、ざっと試してみた範囲ではとても楽そうである。ノートを打ち込むのがやけに楽になった。

当初、Ableton Liveでは、アレンジメントビューの拡大縮小など制御が難しく、「なんじゃこりゃ、どえらい使いにくいぞ!」という使用感であったが、それは私がタブレット用の設定をしていないためであった。

以下の画像にある通り、環境設定の『Look Feel』の『ペンタブレットモード』をオンにすることで、拡大縮小やその他全般の動作が快適になる。

Ableton Liveをお使いの方でタブレットを導入された方は、忘れずにこの設定をすべきである。

来週の目標

小説

先週は一日に2000字、楽に書けた。来週は少しずつ文量を増やしていきたい。できれば4000字くらいまで。

といっても難しい日もあるだろうから、そんな日は最低1200字を書いてそれで良しとする。

文字数を増やすと言っても、苦痛なく気持ちよく書ける文字数を増やすことが目的なので、頑張って無理して書いてはならない。辛くなったらやめる。

音楽

一日一回5分、ADSRのコースを見る。これは音楽に関する新しい知識が英語で入ってくるため、脳に対してやたら負荷が高い。とりあえず一日5分。

ギターも一日5分触る。

作曲も一日5分やってみる。

Melodicsの練習もドラム、キーボードそれぞれ一日5分。

絵画

毎日、何か描いてみる。PixivのSenseiを進めたり、ポチャッコをまた別の角度から描いたり。ポチャッコを描くのに飽きたら、新しいガチャガチャを引いてくるか。。。

ブログ

先週はあまり更新できなかった。一日に一ブログは更新したい。PoLではサンプル的な短い新作誘導瞑想を作って公開したいので、そのための作業を少しずつ進めたい。

何も書く気力が無い日は、このブログに最近読んだ本の感想を50字くらい書いてアップする。更新しないよりはいい。。。

と、まあこんな感じかな。

メインは午前中の小説執筆。

で、午後は明日の小説執筆について瞑想。その後に各種プロジェクトを細々と進める感じでやっていきたい。


関連アイテム

タブレット買った/絵を描いた/Sensei始めた

買っちゃいましたよ、タブレット。

この私の行動は一見、前回の記事を書いたあとすぐに衝動買いしてしまったもののように感じられるかもしれません

でもですね、これは決して衝動買いではないんです。

ここ数ヶ月、仕事しにいくスタバで小説を書いたあと、その上にあるブックオフで毎日のように、ショーケースの中のタブレットを物欲しげに眺めていたんです。

そう! 私はなんでかわからないがここ最近ずっとタブレットを求めていたんです!

音楽も始めたのに絵まで始めるのか。マルチタレントにでもなったつもりか!

という自省の言葉が脳裏をよぎりますが、しかしですね、私は昔から、なんでもできる人に憧れていた気がします。

というのも、ファイナルファンタジーでは赤魔道士が一番好きで、FF5では主人公のジョブをずっと赤魔道士に固定してクリアしました。連続魔がどうしても欲しかったんです。

FF11でも当然、職業は赤魔道士ですよ。

タブレットで何をするか

はっきり言って絵に関しては右も左もわからない。

というわけで絵に関する全体の見通しを知るため、こんな本を買ってみました。

で、この本の中にある現在の絵画スキルの自己判断テストをやってみました。

自己判断テスト:自分の手の絵を三枚、描いてみる

こんな感じになりました。

その後、本に書いてある能力別自己診断シートに記入して、現在の絵画スキルを自己診断します。

そして、これらの結果をまとめて、絵の自己診断シートを作成します。できあがったのが以下のものです。

アイデア、オリジナリティ、完成させる力は、比較的高いつもりという結果が出ました。これは曲がりなりにもオリジナル小説や音楽を何作も完成させたことに起因しているかもしれません。

テクニック、空間認識力はかなり低く、形状ストックに関してはまったくありません。

構図構成力は少しだけありますが、これは高校時代に写真をやっていたせいかもしれません。

絵のタイプは立体タイプ、筆圧強めで、絵は表現の手段であると思っています。また絵は完成したら人に見せたいし、作風はどうしても自分らしくなってしまう気がしています。

絵のレベルは完全なる初心者です。

視野は狭く、自信はなく、線は弱々しく、形も取れず、線もコントロールできません。

描くスピードは結構早いです。細部には固執しません。

こういった現状を理解した上で、トレーニング方法を考えます。

トレーニング法

『絵はすぐに上手くならない』によれば、デッサンをすることで絵に関するスキルを幅広く全体的に伸ばしていけるとのことです。

いいじゃんそれ!

ということでいつかデッサンをやってみたい。鉛筆でなんかシャッシャッて描いてけばいいんでしょ? 中学、高校のときやったことあるよ。

ただ、今はあんな真面目にやったらすぐ面倒になって嫌になるのが目に見えてるので、最初は適当にそこらにあるものをタブレットで描いてみることにする。

その際、できるだけスピーディに気持ちよく描いて、嫌にならないことを目指し描く。

ということで、描いてみたのがこの絵です。

いいんじゃない? しばらくこの調子で描いてってみよう。

Pixiv Senseiもやってみる

同時に、Sensei by Pixivというサービスも使って、イラストの練習もしてみることにする。

Senseiとは、動画によって絵の書き方を詳しく、ステップバイステップで学ぶことができ、さらにその場で、そのレッスンの課題を絵で描いてアップロードできるサービスだ。

基本無料でできる。さまざまなサービスが拡充されたプレミアムコースも月540円と良心的だ。

レッスンで描いた絵はsketch.pixiv.net@tttkmtにストックされていくようだ。

#sensei

#sensei

こんな調子で淡々と絵の練習を続けていきたい。

あ、そう言えば私の父の趣味は絵を描くことだ。

油絵、水彩、なんでも描き、今は町内で絵の先生をしている。

彼の絵の才能が私にも受け継がれているはずである。それをこれから伸ばしてゆきたい。

 

作曲と自己啓発/エッチな絵と挫折の記憶

前に試用していい感じだったのでADSRというサンプル・プラグイン・ビデオセミナー販売サイトの作曲ビデオセミナーコースにサブスク登録してみた。

前にちら見した『作曲で犯しがちな15のミス』というビデオコースが面白そうだったので続きを見てみたら参考になることがいろいろ話されていた。

大音量で作曲するのは耳の健康のために良くないのでやめるべし。

とか、ステレオワイドを広げすぎてはあかん。

などなど実用的な話がいろいろ語られていた。

その一方で、作曲活動全般に対する自己啓発的、心構え的な話も多くされていた。

以下、感銘を受けたところを思い出して、自分なりにまとめてみます。

非現実的な期待をやめる

作曲を始めたときは赤ちゃんみたいなもの。赤ちゃんがいきなり、どえらい重いバーベルを持ち上げることはできない。少しずつ成長して、筋肉をつけて、それによってだんだん重いものを持てるようになる。

それなのに多くの人が、いきなり凄い傑作を作ろうとする。だが作曲のための筋肉がないのにそんなもの作れるわけもなく、それによってストレスを感じ、多くの人は作曲をやめてしまう。

いきなり凄いことをしようとする非現実的な期待を捨てれば、そんなストレスを抱えることはなくなる。物事を適切なペースで学習し、適切なペースで前進すべし。

完璧主義をやめる

完璧主義も『非現実的な期待』と同様のストレスを生む。これによってスムーズな作曲活動とそれによる成長が難しくなる。不完全な自分を受け入れるべし。そして少しずつ、一歩一歩、進歩している自分を認めるべし。

なんでも完璧にやろうとすることをやめよ。

あなた自身であれ

今すぐプロみたいな音を出そうとすることをやめよ。今のあなたができることをすべし。

ゴールは継続的に進歩すること

今すぐ凄くなることがゴールなのではない。継続的に、成長し、進歩すること。そのような進歩の日々を継続すること、それ自体がゴールなのだ。

目的を持って作業すること

今作っている音楽で何を表現したいのか、また音楽を作る活動によって人々に何を与えたいのか、常に目的を意識すること。

目的が無くば、膨大な選択肢の中で道に迷うことになる。だが目的があれば、どんな音を選べばいいかも明確になるし、日々、どんな活動をすればいいのかもわかる。


なるほどね。いいこと言っています。

ただ『あなた自身であれ』というアドバイスと同時に、『どんなリスナーに向けて曲を作るのか考えるべし』『いい音の趣味を持つべし』というアドバイスもありました。

あなた自身であれ、といっても、ただノリに従って適当にやれということではないみたいですね。

ちなみに「いい音の趣味を持つとは、自分のリスナーの視点から、自分の曲に何が期待されているのかに気づくこと」だそうです。

自分自身でありながら、リスナーのことも同時に考えるといいんでしょうね。


上のビデオは英語ですが、日本語で読める自己啓発系音楽書はこちら。この本にもいろいろいいことが書いてあります。


ところで話は変わります。

本日、iPhoneでダラダラとTwitterを見ていたら、『エロ絵を一年描き続けてきた結果を淡々と貼る』クリック注意!成年向けコンテンツあり)という5chまとめに行き着いた。

そのスレッドでは、絵かき初心者の方が、エッチな漫画家を目指して、エッチな絵をひたすら描き続けたものが時系列順にアップロードされていた。

なんだか、凄くいいスレッドだった。

物事を上達することの喜びに溢れているスレッドで、見ていて胸がときめいた。

上の、ADSRのセミナーで言われていたのと同様のことが、絵描きという領域で実践されているのを感じた。自分にできるところから少しずつ進歩する、というプロセスがまさに実践されていた。

物事がうまくなるためには、音楽でも絵でも、同じ心構えが必要なんだなと感じた。

また、後半の絵は凄い魅力的で、思わず性的に興奮しつつ、私もこんなエッチな絵が描きたいという強い思いが自分の中に生じたことに気づいた。

そして私は、自分自身の大学時代のことを思い出した。。。

以下、前世紀の話

大学時代、私は憧れの作曲家、小室哲哉氏のようになろうとして、MIDIキーボードとソフトを揃えた。

だが一曲作ってやめてしまった。自分が求めるカッコいい曲を作れなかったからだ。私に作れたのはしょぼい音の、素人っぽくて短い作品だけ。「才能がない」と諦めて私はパソコンデスク上のMIDIキーボードを除けた。

また同時期、私は憧れの漫画家、山本直樹氏のようになろうとしてフォトショップとタブレットを揃えた。

だが描きたい舞台である『学校』『教室』が描けなくてやめた。だが女の子の立ち絵だけでも描ければPCゲームが作れると思い、女の子の絵を描いてみた。思い出すと胸が苦しくなるような出来の絵が描き上がった。私はパソコンデスク上からタブレットを除けた。

いや、そう言えば、自サイトのトップページに自作の絵を載せていたことがある!(今思い出した)

また冒頭、開始5分程度のところまで作った自作PCゲーム用の美少女立ち絵CGを数枚描いたことを思い出した。

しかも当初はその絵を凄く気に入っていた。はっきり言って上手くはないが、なんだか魅力ある絵だなーと思っていた。

だが練習がめんどくさくなって、十枚も絵を描かないうちにやめてしまった。プロレベルになるための膨大な練習量を思うと、とても続けていられないと思った。やめたあとで「俺には絵の才能がない」と思い込んだ。

しかしだ。

その時から今、このときまで、一日三十分でも音楽関係の作業をして、一日三十分でも絵描きの作業をしていたら、俺はいまごろ、凄いことになっていただろう。

俺に必要だったのは才能などではない。

俺に必要なのは『完璧主義を捨てること』であり『いきなり凄くなろうとする非現実的な期待を捨てること』だったのである。そして一歩一歩の進歩を、目的に向かって少しずつ積み重ねていくことだったのである。

その進歩の積み重ねの中で感じる成長の喜びこそが幸せの正体である。

今になって俺はそう思う。

あとあれだ。

もっかい絵を描きたくなってきた。成年コミックを描いてデビューしたい。


関連アイテム

小さな習慣の積み重ねによって大きな結果を出す方法が描かれています。

やっぱ絵を描くならWACOMのタブレット。買っちゃおうかなー。

 

新曲完成!『Eternal Vital Flow』

古代から連綿と続く生命の進化するエネルギーを表現した曲です。

夜の街を歩いているときにふと感じられるような静かな興奮、精神を深く賦活する時間を超えた陶酔が、トランスの形式によって力強く表現されています。


作曲メモ

ここ最近やたら買っていた新しいプラグインを使うことを目的として作曲した。以下は新しく導入したプラグインについてのメモである。

Captain Plugin

コード進行を作るためのプラグイン。コード進行をリストから選ぶと、それに合わせてメロディ、ベースまで自動で作ってくれる。この曲の基盤はこのプラグインで作った。

今回の作曲では今まで使ったことのなかったマイナー・スケールを使ってみたが、このプラグインのおかげで何の苦もなく使うことができた。

Aメロではコードに9thを入れて大人っぽい雰囲気を醸し出そうとしているが、そういった細かいコードのカスタマイズも簡単にこのプラグインで行える。

セールを行っていないため定価購入したわけだが、買ってよかったと心から思えるプラグインである。これからもガンガン使っていきたい。

ちなみに音源としての機能もあり、今風のクールな音が多数揃っている。今回の曲にもいくつか本プラグインの音をそのまま使用している。

Ascension

トランス向けの音が多数入っているシンセサイザー。結構前に購入したのだが、今回、初めてこのシンセで作曲することができた。

非常に派手なトランシーな音が揃っている、というよりもトランス専門音源のようにすら感じられるシンセ。やたらめったらインパクトの強い主張の強い音が鳴る。

今回の曲ではサビのリフを担当している。

私のパソコン(十年以上前のiMac)ではかなり重たいプラグインである。ひとつトラックに立ち上げるごとにCPU使用率を20パーセント近く奪っていく。

作業を少し進めるごとにmidiをオーディオ化していくことで、なんとか最後までやり遂げることができた。このmidiをその都度オーディオ化するという手法は、実はDAWの使い方としては基本的なもののようだが、今回の作曲で初めてそれを大々的に取り入れることができた。

この手法は一回一回、オーディオ化の手間がかかってめんどくさいものであるが、利点もある。

以前、Ableton Liveのユーザーグループのイベントで聞いた話だが、「midiをオーディオ化すると、データが音として固定化され、それによって作曲作業を後戻りさせることなく前に進めていくことができるようになる」という利点があるそうである。

確かに一度、midiデータをオーディオ化してしまうと、もうめんどくさくてmidiのデータを修正しようとする気にはならなくなる。オーディオの切り貼りで何とかしようという気持ちが芽生える。

こういった気持ちはエレクトロニック・ミュージックの制作には美点となるように思う。

エレクトロニック・ミュージックの基本はサンプリングと切り貼りのはずだ。

midiデータを録音するとはサンプリングによって音ネタを自家製するということだ。midiデータの段階では、まだそれと自分が一体に繋がっている感じがする。だがそれを録音してwavとすることで、自分とその音の間に距離が生まれ、その音ネタを客観的に、ただの素材として使えるようになる気がする。

この、自らの内から生まれたものを客観視し、素材として使えるようにするという意識の持ちようは、デュオニソス的な陶酔を生み出すために、アポロン的な客観的な手法によって素材を美学的に構築すべしという、ニーチェの悲劇の誕生に書かれたテーマを思い起こさせる。

悲劇の誕生はトランシーなものを創作しようとするとき、たくさんの示唆を与えてくれる実用的良書である。

その他いろいろ

ドラム関係はすべてFunction loopsのフリーサンプルパック『Summer 2019』のサンプルを使用した。サンプルパックを使うと手軽に今風の雰囲気を作品に込められるように思う。

そう言えば、リズムトラックをすべてサンプルでまかなうという手法は今回、初めて試したものである。WAVを切り貼りしてリズムを作るのって、すごく楽で楽しいかも。

今後の目標

昨日、私は「すごいパフェを食べる会」に出席した。その場ですごいパフェを食べながら、とある有名企業で広告や販売を担当されている方とお話した。その際、商品を売るにはターゲットを絞ることが重要であるという話を伺った。

私の作曲活動もそろそろターゲットを絞っていくことが必要なのかもしれない。といっても今はまだ何を作っても楽しい時期ではあるし、いろんなジャンルを作ってみたいのだが。次はちょっとブルース的なメロディを持った奴を作ってみたい気がする。

だがもしターゲットやジャンルを絞るとしたらトランスではないだろうか。私が一番好きな音楽ジャンルだしね。今まで作った奴もトランスっぽい曲が多かった。今まで書いてきたどの物語にもトランスの形式による盛り上がりパターンが常に意識的に取り入れられている。

ということで、そのときそのとき作りたい音楽を作りつつも、トランスをメインに意識しつつ作曲していくという感じでやっていきたい。で、できれば月二曲は作りたいものだ。

しかし作曲に没頭すると、時間の感覚がおかしくなり昼も夜も無くなってしまい生活がそれだけになってしまうことがママある。今回も作曲が一番ノッているときは作業から離れられなくなってしまい、徹夜して昼夜逆転してしまった。

作曲に没頭しつつも他の仕事のペースも崩さず、安定した生活を調和を持って続けられるようになることが今後の課題か。私としては創作活動なる作業はその中でどれだけトリップしてトランス状態になれるかが勝負の決め手ではないかなどという意識があるのだが、それはもしかしたら昭和的な古い考えなのかもしれない。これからの時代は創作行為に没頭した精神変容状態を普通のものとして、それを日常と調和させて生きていく時代なのかもしれない。きっとそうだ。

最先端のノート術『バレット・ジャーナル』

最近の記事で、朝五時に起きて瞑想をする『モーニング・メソッド』や、金持ち精神を養って億万長者になろうという『ミリオネア・マインド』なる本を紹介した。

これらの本を読んだのは、そもそもこの『バレット・ジャーナル』という本を買ったためである。

バレット・ジャーナルの帯に『モーニング・メソッド』の著者が推薦文を寄せており、それを見て私はモーニング・メソッドを買った。

また『モーニング・メソッド』の中で推薦図書として『ミリオネア・マインド』の名が上がっていたので、私はミリオネア・マインドを買った。

そのわらしべ長者のような連鎖の始まりは、駅前の書店で買ったこのバレット・ジャールなる本である。

バレット・ジャーナルとは

バレット・ジャーナルはライフハック系・GTD系の本で、その系譜に連なるたぐいの本である。

私はライフハック/GTDは昔から好きで、GTDの本が翻訳された際、すぐに買って実践した経験がある。GTDとは、Get Things Doneを略した仕事術である。心の中にある気がかりなことをすべて可視化し、心をクリアに保つ、そのためのシステムを持つことが主眼に置かれている。またGTDの考えは、現在のいわゆるライフハック的な思想の基礎となっている。

バレット・ジャーナルはこの系譜の本である。それはバレット・ジャーナルの帯にGTDの創始者、デビッド・アレンの推薦文があることからも明らかである。

実際、バレット・ジャーナルはその思想・内容的にGTDと大きな共通点がある。

というわけでライフハック/GTD好きの方にはバレット・ジャーナルをぜひおすすめしたい。

私は実は、GTDを何をどうしても生活の中に定着させることができなかった。様々なツールを試したが、どうしても私の生活とGTDのシステムの間にはうまく調和しない不具合があった。

だがバレット・ジャーナルは今のところ、うまく私の生活の中で機能している。

バレット・ジャーナルとモーニング・ページ

ずっとやりたかったことを、やりなさい』という本がある。何らかの要因で弱った創作能力を復活させ、それを強く大きく開花させるための本だ。そこに書かれているモーニング・ページという強力なワークがある。朝、目が覚めた直後に、心の中にあるさまざまな考え事をフリースタイルでノートに書き出していくというものだ。

かつて私はこれをやって創作力を回復させたという経験がある。

バレット・ジャーナルはこのモーニング・ページにも対応している。自然に、機能的にモーニング・ページをバレット・ジャーナルのシステムに組み込むことができる。

バレット・ジャーナルとモーニング・メソッド

また、バレット・ジャーナルは『モーニング・メソッド』とも親和性がある。

モーニング・メソッドとは、朝早起きし、一時間を使って瞑想、アファメーション、イメージング、運動、リーディング、ライティングという6つのワークを行うものだ。

このモーニング・メソッドの最後の段であるライティングを、バレット・ジャーナルを書く時間に当てることができる。

そしてその中で、今日一日のタスクを考えたり、今週、今月、今年のプロジェクトについて見通しを立てたりすると、意識を上向きにキープした、フローが朝から晩まで自然に保たれる一日を過ごしやすくなる。

というわけで、バレット・ジャーナル、かなりおすすめの一冊です。特に、モーニング・メソッドや、『ずっとやりたかったことを、やりなさい』に書かれているワークと併用することで大きなシナジー効果があるように感じます。