本の旅人12月号に、作家・海猫沢めろんさんによる『ライト・ノベル』の書評が掲載されています!

海猫沢めろんさんと言えば滝本竜彦の昔からの友人であり、本ホームページにも名前が頻出する作家さんです。

人の道を踏み外しているぶっ飛んだキャラが多数登場する小説諸作品のパンクな切れ味には他に類を見ないものがあります。

また、海猫沢めろんさんはパンクな見かけの裏で、実は極めて知的かつ、繊細で優しい創作スタイルの持ち主でもあり、それによって多数のノンフィクション作品やエッセイも執筆されています。

何を書くにしても執筆対象の取材や調査を広範囲にしっかりと行う誠実な姿勢には、いつも見ていて頭が下がります。

そんなめろんさんが、今回、本の雑誌12月号に、私、滝本竜彦の新刊『ライト・ノベル』の書評を書いてくださいました!

じわっと嬉しい、広範囲に知的な面白さが詰まっている、読んで楽しい素敵な書評です。

めろんさん、いつもありがとうございます!

この書評で紹介していただいた、滝本竜彦の新作小説『ライト・ノベル』は明日発売です!