海猫沢めろんさん、YouTuberデビュー!

先日、友達の作家の海猫沢めろんさんに誘っていただき、御徒町のモンゴル料理のお店で羊肉を食べる会に参加しました。

自宅ではほぼ草食動物として生きている私ですが、羊肉には道民の血が騒ぎます。

私が子供のころ、北海道ではあらゆるイベントでジンギズカンを食べる風習がありました。

海水浴に行けば、砂浜でジンギスカンを焼き、ピクニックに行けば見晴らしのいい丘の上でジンギスカンを焼き、マラソン大会では16キロ走ったあとでジンギスカンを焼き、特に何も無い日でもジンギスカンを焼き、ありとあらゆるシチュエーションの中で羊肉が消費されていきました。

そのため私の中で羊肉=ジンギスカンそのものであり、羊肉というものはそれ以外の食べ方をすると何か大きな不具合が生じるものであるという先入観がありました。

ですが御徒町のモンゴル料理のお店では、道民の想像を遥かに超えた多彩な羊料理がテーブルに並べられていきました。

そうか……羊肉は、ジンギスカンにするためだけのものじゃなかったんだ!

制限された観念が、新たなものに書き換わるとき、人はセンスオブワンダーを感じます。心にかかっていた古いフィルターが外れることによって、人は生まれ変わった世界を体験することができます。

これまで私の世界にはジンギスカンしかありませんでした。しかし今、私は多彩な羊肉料理のある世界に生きているのです。

これはいわば、一つの宇宙から別の宇宙へと引っ越すごとき跳躍といっても過言ではありません。

そんな大きな世界観の転換を果たした私は、その夜、精神的興奮によって、あるいは羊肉の何か健康にいい作用によって、なかなか寝つかれませんでした。

仕方ないのでいろんなマンガや本が無限に読み放題のKindle Unlimitedで、昔から慣れ親しんでいる漫画家さんの作品を読んで心を落ち着かせようとしたとき、ふと手元のiPhoneにメールが。

海猫沢めろん>YouTuberデビューのお知らせ

文字を読まずに本を読みたい!

そんな世界の読者のために、私、海猫沢めろんはこのたびYouTuber「文豪さん」としてデビューしました!

小学生でも共感できる「読書実況」という新たなるジャンルを開拓してまいります。

今後共ご指導ご鞭撻、YouTubeチャンネルの登録、リツイート等、賜りますようお願いしたします。ポスト平成時代の幕開けでございます。

海猫沢めろんさんと私は、物凄い長い間の友達です。

闇に包まれたゼロ年代初頭、私が生田のアパートに住んでいたひきこもり時代には、めろんさんにバイクでいろんなところに連れ出してもらいました。

今現在の精神的に安定している(当社比)私がいるのも、めろんさんのおかげである割合が相当に大きいと言っても過言ではありません。

そういえば、めろんさんと私は、やはりゼロ年代初頭にエリーツ(エリート達の意)というバンドを組んでいたこともありました。

(他のメンバーは作家の佐藤友哉さんと、めろんさんの弟さんと、今現在音楽プロデューサーをしている武術家の友人です)

音楽性の違いでバンドを解散したあとも、めろんさんと私は何かと一緒に活動することが多く、ともすれば社会との接点を見失いがちな私は大いに助けられてきました。

私の小説作品の中でも特に虚無濃度が限界を超えて高い『僕のエア』には素晴らしい解説を書いていただきました。(本文も面白いですが、この解説だけでも読む価値あり)

近年では専門学校で交代で授業をしたり、ATLANTISというトークユニットを組んで、たまにDOMMUNEに一緒に出たりしています。

というわけで、長年の交流から、めろんさんが進取の精神に溢れていることはわかっていたのですが、、、近年ではアナログゲームを作ったりもして、何でもやる人だなとはわかっていたのですが、まさかYouTuberデビューするとは。

私の予想を超えてさまざまなことに挑戦していくめろんさんの姿に、私はその日、二度目のセンスオブワンダーを味わいました。

羊はジンギスカンだけじゃなかったし、めろんさんは小説家だけじゃなかった!

そんな視野が広がる啓蒙体験を長年、惜しみなく提供してくるめろんさんに感謝しつつ、例のYouTubeビデオ(文学についての造詣が深まります)をここに貼って、本稿を終わりたいと思います。

海猫沢めろん戦慄のデビュー作。ゼロ年代の闇のすべてがここに。
ほっと癒やされるいい本です。
めろんさんの人間的魅力が詰まった自伝的小説。

『パンツあたためますか?』

昨年のこと。

ここ数年間、淡々と作業を続けて、なんとか形になってきた長編小説の最終章を、駅前のスターバックスで書いていると、手元のiPhoneに一通のメールが。

それは『スニーカー大賞優秀賞を受賞した『パンツあたためますか?』という作品の推薦コメントを書いてほしい』というスニーカー編集部からの依頼でした。

なんと受賞者の石山雄規氏が滝本竜彦の作品を好きだとのことで、それで私に依頼が来たようです。

『とうとう俺もレジェンダリーな作家としてフォロアーを生み出しつつあるのか』と自らのエゴを危険なレベルに肥大化させつつ、ハルヒ等のレジェンダリーな作品を多く生み出したスニーカー大賞の受賞作にコメントを書ける嬉しさに会心の笑みを浮かべつつ、私はふたつ返事で依頼を引き受けました。


で、さっそく、メールで送っていただいた『パンツあたためますか?』の素晴らしい部分、輝いてる部分を調査し、それを私のキャッチコピー製造能力によって推薦コメントへと出力する作業を始めたわけですが、さすが受賞作だけあって才気に溢れており、おすすめしたいことが多すぎてなかなかひとつのコメントにまとまりません。仕方ないので思いついたコメントを全部箇条書きにしてスニーカー編集部に送りました。

後日、スニーカー編集部から送られてきた販促POPがこれです。

DEsxj9aUwAQ1sKr.jpg

 

つい箇条書きで送ってしまった推薦コメントの情報量の多さを活かしたデザイン、とても格好いいです。イラストも魅力的です。思わず手にとって本を買いたくなるPOPです。Great!!


POPの補足

上のPOPのコメントには「『NHKにようこそ!』ファンにおすすめ」とありますが、『ムーの少年』(Amazon)の読者にもぜひおすすめしたい作品です。本作の主人公は公園で謎の小学生に会うのですが、そのくだりに『ムーの少年』からサンプリングされたエピソードがうまく使われています。

ちなみに私は趣味で音楽制作をしているのですが、その際、サンプルセットなどというものをよく購入します。例えば、『80年台ミュージックのサンプルセット』には、その時代の代表的な音色のシンセやドラムのサンプルループ(音楽の部品)が詰まっていて、それを使って曲を作ることにより、80年台な雰囲気を自作に取り込むことができます。そういったテクスチャーの部分の用意をサンプルセットに任せることで、クリエイターは自分の創造性を、より大切なことに向けることができるというわけです。

『パンツ〜』はまさに『滝本竜彦サンプルセット』を使って作られた小説のようで、滝本作品の雰囲気が好きな人は大いに楽しんで読める作品であると感じました。

一方で作者独自の切れ味のある、要所要所で鋭く笑わせてくる文章表現も読んでいてすごく気持ちいいものがあり、とても魅力的です。

そういったテクスチャーと語り口を使って、想像よりもずっと真面目で重い現代的テーマについて正面から取り組んでいる作品、それが『パンツあたためますか?』でした。


こんな人におすすめ

  • 滝本作品の雰囲気が好きな人
  • 上のPOPを見てピンと来るものを感じた人
  • 可愛いイラストのラノベが好きな人
  • 切れ味のあるテキストを読みたい人
  • 重いラノベが読みたい人

パンツあたためますか?(Amazon)