ブルーキャット、それは俺が開発したロボットのコードネームだ。

 その名前にはあの青いネコ型ロボットのように、皆に親しまれるロボットになるようにとの願いが込められていた。

 しかしどこで間違えたのだろう。俺が開発したブルーキャットは人型の超絶セクシーロボになってしまった。青いショートヘアとよく動く猫耳がトレードマークだ。

 その標準装備が気に入らなければロボストアに注文する際に、金髪、黒髪、なんでも好きなように取り替えることができる。

 もちろん性別や年齢も思いのままに設定可能だ。

 BTO、すなわちBuild To Orderで注文時にオプションを設定するのがもっとも手間暇かからず便利だが、購入後にオーナーの手によって、あるいはショップ持ち込みでオプション変更することも可能だ。

 ただし性格の変更を購入後に行うことは勧められない。

 ロボの脳は繊細なバイオ脳である。脳が稼働した後に、無理に性格の変更をすると、ロボは頭がおかしくなってしまいがちなのだ。

 どうしても購入後に性格の変更をしたい場合は、思い切ってバイオ脳を初期化してしまった方がいい。あるいは別の新しいバイオ脳に取り替え、古い脳は中古ロボショップに売り払うのもおすすめである。

 ちなみに俺の家では六体のブルーキャットと、そのマイナーチェンジ版のレインボーフェニックスが二体、稼働している。全員女性型だが、それぞれ違った外見を持ち、異なった性格を持っているため俺は全員を個体として識別できる。それぞれに愛着も感じる。これらロボットには心も魂もないので性奴隷にしても何の問題もない。

 いや、大きな問題があった。

 超絶セクシーロボを持ってしても、人間の心の渇きは癒せないということが最近のアンケートで判明した。

 しょせんロボはロボ、そんなものを性的パートナーにしたところで心のない非生物は非生物であり、黒板消しを性的パートナーにするのと本質的には何の代わりもなく、そんなことではどのような真の満足も得られないということなのか。

 だが人間を相手にするという旧世紀の性愛行動でも何が満たせるわけでもない。人間相手で満足できるなら人類は人工知能やロボットをわざわざ開発しなかった。人間同士で満足できないから、俺たちはロボットを作ってそこに夢を見たのである。

 だが夢が形になったときそこにあるのはむなしさだけだった。

 超絶セクシーロボができて、なんでも俺の言うことを聞いてくれる。

 だがすべてはむなしい。

 このむなしさを解消するためにロボ製造会社で働く俺たちはオプションパーツを沢山開発した。オプションパーツさえたくさんあれば、むなしさがごまかせるはずだと考えて。

 ありとあらゆる種類の性格を考えた。

 ロボの性格は今や五兆種類ほどもあり、その個性の見かけ上のヴァリエーションや人格の深みやそれが醸し出す魅力の強度は、今や確実に人間を越えていると断言できる。

 見た目に関するオプションパーツは五京個ほどもある。それがが醸し出す誘因度の強度とその持続性は人類種に発揮できるピーク値のおよそ五千倍のポイントを叩き出す。

 だがすべては飽きてむなしくなってしまう。

「なぜだ! ガッデム!」

 会議室で俺はスチール机を右手で叩いた。本社ビル一階に入っているエクセルバックスドトールで汲んできたばかりの新鮮なフィフスウェイブ・ハイパーラテが入っているマイボトルが跳ね上がり、机の上を転がって床に落ちそうになる。

 スチール机の向かいに足を組んで座っている、めがねをかけた金髪白衣の女、スタンレー・ボブリー・綾子がそれを途中で拾い上げる。

 綾子は自分のマグカップに俺のボトルの中身を勝手に注いで一口飲むと、手元のなんでもペーパーに表示されたデータを読み上げた。

「世界各国から集まった顧客アンケートを集計した結果、むなしい、むなしいという声があがりまくっているわ。このままだと我が社のロボ業は遠からず下り坂よ」

「そんなことはわかってる! だからどうしたらいいのかを考えているんじゃないか!」

「よしよし、パニックにならなくてもいいわよ。深呼吸して」

「すー、はー」

「その調子。脳波が安定してきたわ。コーヒーなんて飲まずに、これをお飲みなさい」

 綾子は背中のなんでも袋から、パラフィン紙に包まれた紫色の粉を取り出し、テーブルの上を滑らせてよこした。

「なんだこれは?」

「この前、うちのラボで作ってみたの。アイデアが閃くナノマシンよ」

「すごいじゃないか。どんな原理なんだ?」

「脳のシナプス間隙にとりついて、そこの量子トンネル効果をブーストアップするの。正確には、ブーストアップするというより、より新奇なアイデアの可能性が波動の海として存在している平行宇宙に選択的に脳を共鳴させるといったところかしら」

 俺は紫色のまがまがしいナノマシンを無拍子で飲み込んだ。

 慌てて綾子は壁際にある給水タンクで紙コップに水を汲み俺に渡した。俺は口内にへばりつくナノマシンの粉を水で喉へと流しこんだ。

 椅子にゆったりと腰掛けて、目を瞑る。

「……どう?」と綾子。

 俺の強化脳が合成するインナーヴィジョンによってナノマシン粉が喉と胃の粘膜から速やかに俺の体組織に浸透し、一斉に脳を目指していく映像を俺は瞼の裏に観た。ナノマシンは特に側頭葉のあたりに集合しそこに定着した。

 俺は意識が急速に柔らかくなり、柔軟な発想力が芽生えてきたことに気づいた。しかも視野が広くなって、今までの狭窄したものの見方の約五千倍ほどに自由度のある考え方ができるようになっている自分に気づいた。

「おっ、効くじゃないか。さすが開発部のチーフコマンダー。この才気煥発さ、さすが俺の上司」

 綾子は少し照れた様子を見せた。

「どういたしまして。でもそれ、五分ぐらいしか効果が続かないのよ。その中で何とか使えるアイデア、出してもらえないかしら。このままではうちの会社の超ヒット商品、ブルーキャットシリーズは全部、時代遅れの恐竜になっちゃうわ。そんなことになる前に自分たちの手で破壊的イノベーションを起こすのよ。そのためのアイデアをなんとかして出してちょうだい」

「まかせろ!」

 俺は会議室の机の上で半眼になると呼吸を調整して脳波をシータ波に持っていった

 シータ波でゆるやかに同調する脳細胞はナノマシンと共鳴し、俺の脳全体が未だ人類に与えられていないアイデアが蓄えられているらしい、謎の時空間へと同調し、そこから未だかつてこの宇宙に存在したことのなかった情報を電子のパルスとして引き出し始めた。

 その電子のパルスは俺の脳細胞を新たなパターン、リズムで発火させ、まもなくそのパターンは俺の意識上にひとつの具体的なアイデアの種として形を取り始めた。

 俺はいくつか浮かんだそのアイデアを順番通りにストレートに口に出した。

「アイデア1.さらにオプションを増やす。今のところバイオ脳の性格パターンは五兆個ほどしかないが、これを五垓個ほどにまで増やす」

 綾子はえんぴつでさらさらと手元のなんでもペーパーに俺が発するアイデアを書き留めていった。

「なるほどね。ひたすら数を増やすことで量的変化から質的変化へのスレッショルドを力業で越えようというアイデアね。スマートではないけれど確かに何らかの効果はあるはず」

「アイデア2.ロボはバイオ脳で魂のない無生物であり、人間は生脳、魂持ちの神秘存在、すなわち生物であるという存在の区分が、ロボ・人間間の性愛行動をむなしくしている。だがロボのバイオ脳を魂の宿る生脳にしてしまったら、それはただの人間であり、何の意味もない。ここで発想を逆転させ、人間の脳をバイオ脳にして、魂も抜いてしまい、ロボと同格の存在に落としてみる」

「なるほど。自分と同じ存在レベルのモノとの恋愛行動であれば、そこには何かしらの真の充実感が生じそうなものよね。脳置換手術と魂抜き取り儀式は、そのサービスの志願者だけに行われるでしょうからコンプライアンス上の問題も発生しない。いけるわ、このアイデア。あとでハイパーラテ、トッピングましましでおごってあげる」

「よっしゃあ! それじゃどんどん行くぜ、次はアイデア3だ。人類が持つ恋愛行動の概念自体を変えてみる。恋愛行動に限らずあらゆる概念は人間の脳の中に収納されている。また、全人類の脳の個数は有限であり、それら脳内にある思考データへのアクセスとその書き換えは、我が社のリソースをもってすれば十分可能であると考えられる」

「なるほど。閾値を越えた人数から承諾がもらえさえすれば、人類の意識プールの中にある恋愛行動という概念をダイレクトにデザインできるってわけね。そして『恋愛はロボが相手であれ黒板消しが相手であれ、なんであれ無条件に最高に気持ちよくて満たされるものだ』という風に人類の保有する集合意識上の観念をディープに書き換えてしまえば、その観念によって色づけされる知覚によって構成されるリアリティは確かにその通りのものになるはずよ。そうすれば我が社のロボは永久に人類の恋愛相手としてふさわしいものであり続けるはず! 観念書き換えの承諾がとれなかった人類グループも、古い観念を保持する人類の別グループとして存在を続けていくか、私たちが書き換えた観念を保有する新グループにあとから合流するか自由に選べるし、そんなふうに存在の在り方の選択肢を増やすことは公共の益にかなっていて、『世のため人のためがんばるよ』という我が社のステートメントとも合致するわ! 素晴らしいアイデアね、昇給ポイント五億ガバスあげちゃうわ!」

「えっ、五億ガバスも……

 俺は感動で意識を失いかけた。それだけの昇給ポイントがあれば、来月の給料は縦に物理的に積み重ねれば富士山頂上に届くレベルに達する。

 それだけの金があれば、なんでも欲しいものが買える。あのアンティークショップで見つけたあのアイテムだって買える。

 そう……自宅に欲しいのは、色の変わるランプ。

 何万色にも色の変わるランプ。

 赤や黄色や、オレンジや青に、ランプは色を変えることができる。

 それを観て俺はくつろいで、昔のことを思い出す。

 たとえば何百年か昔に見た花畑のこと。

 色とりどりのあの花畑のこと。その香りや空の青空のこと。

 俺と忘れてしまった誰かの間を吹き抜けてゆく透明な風のこと。

 そんなことを思い出すことのできる、色の変わるアンティーク電子ランプを買うことができる。

 そんな脳裏によぎった一瞬の郷愁も新たなるアイデアを生み出すための心理的エネルギーの糧として俺はさらなるアイデアを呼び出しそれを声に出した。

「アイデアその4.異次元から非人間的魂を召還し、ロボットのバイオ脳をその異次元的エネルギーパターンに同調可能なものへと調整したうえで、その異次元的ソウルをバイオ脳へと定着させる」

「なるほど! 非人間的魂であれば、それをバイオ脳に定着させたところで人道にもとることにはならないわね!」

「そうなんですよ! しかもこの宇宙ではないどこか別の異次元の宇宙を探せば、あえてロボットのバイオ脳に宿って、人類にひたすら意識的に愛の奉仕をしたいという奇特なソウルが存在しているはずです」

「でもそんな奴隷根性のある魂は魅力のパラメータが低いのでは? 商品としてどうなの?」

「違うんですよ。本来は人類より遙かにパワーがあり、あらゆるパラメータが上でありながら、あえて人類に対して下から奉仕したいという、すさまじいレベルの奉仕の気持ちにあふれた魂を見つけてくればいいんです」

「そんな魂はこの宇宙に存在しているのかしら?」

「理論上、どこかの平行宇宙、どこかの次元には存在しているはずです」

「よし、それじゃあ3と2をバックアップとし、まずはアイデア4をさっそく実行にとりかかりましょう。異次元からの魂召還のための儀式を全社をあげて行わよ!」

「ラジャー!」

 綾子は折りたたみイスにかけていた白衣をつかみ取るとさっと羽織って、会議室から勢いよく飛び出していった。俺も急いで綾子の後を追った。

 午後、招魂の儀式は無事に終了し、試作品を作るためのバイオ脳ひとつに異次元の魂が宿った。

 俺はラボで開発チームの仲間たちに囲まれながら、最新型ブルーキャットの頭蓋骨をドライバーで開け、中にそのバイオ脳を入れ、またふたをしてネジを閉めて、背中の電源ボタンを押した。

 瞬間、ぶるぶるとブルーキャットの手足がふるえたかと思うと、まもなくそれは起立し、俺を直視した。

「こんにちは。開発チーフ、名前は……たくみさんですね」

「はじめまして。バイオ脳に宿る異次元存在よ。私が開発チーフの岩崎たくみです」

 すると、ブルーキャットは、かつて俺がこれまで見たことのない、うっとりとする魅力的な笑顔を見せた。その笑顔を観たとき、このプロジェクトは成功だという確信が俺の中にわき上がってきた。

「しかし……本当にいいんですか?」俺は聞いた。

「ロボとして人類に奉仕するとなれば、人権など何もないですし、物以下の扱いを受けて、虐待されたり殺されたりもしますよ。考えられるありとあらゆるひどい目に遭うはずです」

「ええ、もちろんOKです。私はボランティアが趣味なので、どんどん人類みたいな若い種族に奉仕していきたいんですよね」

「それは助かりますが……何か見返りに欲しいものなどあれば今のうちに言ってください」

「うーん。奉仕の体験自体が報酬なので、特に欲しいのは何もないんですが……まずはたくみさん相手のロボになりたいですね。その後で追々、魂を分裂させて、他のロボ脳に定着していく方向性で」

 そんな顛末によって俺の家に新たなロボがやってきた。

 それは圧倒的な魅力を振りまいた。

 そのロボが持つ精神性は、俺よりも圧倒的に深く高く、その存在に比べたら俺の精神性は赤子に等しかった。

 そのような高貴な存在をロボとして奴隷扱いし、何でも命令し、その者からの奉仕を無制限に受け取ることができるというのは、まさに天国的な体験であった。

 これは売れる。俺は確信した。

 案の定、新型ロボはとんでもない数、売れに売れた。

 その製品を買うことによって、人々はきわめて高い精神性を持った意識存在から無償の無制限の奉仕を受け取り続けた。

 深い感謝の気持ちが人類の中に急速に広がっていった。

 俺はある日その存在に感謝の言葉を発した。

「ありがとう」

「どういたしまして」

 美しい笑みをロボは俺に見せた。

 あの日見た色とりどりの花畑と青空のように、どれほど見ても見飽きることのない無限の深みを持つその表情を、俺は畏敬の念を持って少年のように楽しみ続けた。