僕の目を覆っていたメタトロン二号の手が離れていった。

 先程まで見ていたイメージのすべては、急速にその実在感や意味深さを失い、なんてこともない夢のように思えてきた。

 それでもこの夢から得た情報は、いくつか僕の心に留まっていた。

 第一に、メタトロン二号は、確かに、耶麻川の肉体を拾っただけだということ。それは海辺に落ちていたのだ。耶麻川自身がそれを捨てたのだ。

 第二に、その耶麻川が今、大変な危機的状況に陥っているということ。頭がおかしくなったうえで、闇の迷宮に取り込まれようとしていること。

「なんとかして、こちら側から、手助けすることはできないのか?」

 僕は目を開けて身体を起こした。

「無理でしょうね」と、ソファ前の床にあぐらをかいている二号が言う。

「あちらとこちらは、この世界の人間が夜に見る夢の世界と、昼間の物理的体験の間ほども距離が離れてますので」

「そんな……」

「まあ、もしYMさんが、最悪、闇堕ちして、エクスプローラーの仕事どころか、その真逆のことに全力を注ぐようになったとしても、それもですね、ひとつかふたつ上の次元から見たら、そんなに問題のないことだとわかりますよ。実際、エクスプローラーが発狂、闇堕ちするのはよくあることですので。彼女のことはもう忘れては」

「……や、耶麻川は真面目で、見かけ上、有能っぽい奴だから、そう簡単にへこたれないはずだ!」

「ふふ、真面目そうなエクスプローラーほど、折れるときは早いんですよね。しかも、この肉体の脳に残ってる情報によると、YMさん、エクスプローラーとして覚醒するにあたり、そうとう不自然なことをしたそうじゃないですか?」

「あぁ……いきなり不良になったり、性的なハメを外したり」

「そういう突飛なことをして覚醒したエクスプローラーは、だいたいすぐに闇堕ちするってのが天使的な常識ですよね」

「なんなんだよ、さっきから、その闇堕ちってのは」

「立派な大志があり、人類のために善をなさんとして心の力を目覚めさせたエクスプローラーが、その後いろいろあって、闇の勢力の仲間になってしまうことです」

「バカな。耶麻川は元は優等生だ。そんなことにはならない。それに、さっきから、闇ってなんだよ。前にゲームかアニメかマンガか何かで、誰かが言ってるのを聞いたぞ。『光があるから闇があるのだ。それらは裏と表なのだ!』ってな」

「ふんふん」

「つまり、光と闇はどちらも大事だってのが、この現代社会での常識だ。なのにお前、天使だからって、闇のことを見下してるんじゃないか。それは差別的な考えなんじゃないか?」

「むっ。差別なんてしてませんよ。天使はそういう左とか右とか、上とか下とか、三次元的な区別からは完全に自由なんで。なんでも無条件に愛するふわふわした存在なので」

「じゃあ、なんでさっきからずっと、まるで光と闇の二大勢力があって、それが血みどろのバトルを続けている、みたいな背景を感じさせることを言うんだよ」

「え? それはもちろん続けてるからですよ、光と闇のバトル。最近までずっと闇のターンでした。でも最近は光が勝ちそうな雰囲気です」

「はあ? お前さっき、天使はふわふわしてるって言ってたくせに、何、戦ってんだよ。言ってることが矛盾してるだろ」

「話せば長いんですよ」

「聞いてやるから話してみろよ。全体の状況を詳しく」

「ちょっと複雑で難しいですよ」

「この手の話を聞くのはもう慣れてるんだよ。わからないところはスルーするし、いろんな奴から話を聞いた方が、全体の状況を僕なりに多角的に理解できるだろうから、ぜひ話してくれ」

「じゃ、ちょっと待って。さっきから頑張ってIQを上げてましたけど、もっと上げます。今、私の本体、メタトロン本部と接続して情報をダウンロードしてみます。メモリが足りないんで、情報の多くは本部に置いてきてるんですよ」

 二号は自分の耳に光の触手を差し込むと、その奥にある何かのツマミを回すような仕草をした。それから視線を自分の眉間に向けるようにして白目になったかと思うと「ナウ、ダウンローディング」と呟きながら、眼球を左右に細かく動かした。その様子はかなり気持ち悪く、僕は見てはいけないものを見てしまった気になった。

 しばらくすると二号は何事もなかったかのように語り始めた。

「ええと……さっきあなたが見てきたところ、ここより一個上の次元、星幽界とか言うところ。そこには確かに光と闇の戦いがありまして。光と闇が、戦って、この三次元上の地球という領域の支配権を取り合っています。闇は複雑な迷宮を作り、光を遮ります。光は闇の迷宮に浸透し、そのすべてを優しく照らそうとします。その様子を、戦いと表現することもできるようです」

「結局、ふわふわした天使とか言ったって、しょせんは戦ってるのか。戦いは何も産まないって前に誰かが言ってたぞ。そんな常識も知らないのかよ」

「まあ、それは確かにそうなんですが。でもですね、私たちの戦いは、バトルするってよりも、愛する、無条件にひたすら愛する、みたいなことなので」

「愛するとどうなるんだ?」

「それはもちろん、気持ちいいですよね。そんな常識も知らないんですか?」

「…………」

「それに、星幽界よりもさらに上の層になってくると、もう完全に、誰もまったく、何も戦ってないという。光も闇も、そこではより根源的な光のエネルギーによって統合されて、美しいハーモニーを奏でているという。わかりますか?」

「いや」

「でしょうね。私にも、本当のところはよくわかりません。上から下に旅するために、自分を小さく分裂させてきた今の私は、多くのことを忘れています。とりあえずわかるのは、YMさんのいる場所やそれ以下の領域では、確かに光と闇の戦いがあるということです。そして本来、エクスプローラーというのは光側、ライトサイドの存在のはずなんですけど、強い心の力を持つがゆえに、闇側、ダークサイドに引きこまれ、そちら側に堕ちがちである、と。そのあたりのことを、このYMさんの件を理解するにあたり、ざっくりとあなたに理解してもらえればいいなと思います」

「うーん。もっとこう、一言で、全世界、全宇宙のことをバッと説明するようなことは言えないのか。天使なら、なんかいいこと言ってみろよ」

「それはやはり、愛」

「愛?」

「愛」

「愛?」

「愛」

 二号はしばらくアイという音を繰り返し発した。

 その音波には、また、何かこう、胸が暖かいもので満たされるような、それでいて脳が開き、意識がものすごく高くなるような効果が感じられた。

 この地球にいる各種の動物や、花や木や、教室の同級生たちや町の住民たちのことがなんとなく心に浮かび、それらが自分の一部のように感じられ、それらの相互間に、暖かく気持ちの良いエネルギーの交流が存在しているように感じられ、そのような相互フィードバックシステムの全体こそが、この自分なのであるという洞察を僕は得た。

「つまり……全体的に、愛だということだな。宇宙は」と僕。

「まあそういうことですよね」と二号。

「じゃあ何もかも愛なんだから、耶麻川のこともなんとかなるだろ」と僕。

「いや、それは無理ですよね」と二号。

「なんでだよ、愛なんだろ、何もかも」

「時間と空間という枠組みの中に意識を埋没させるという契約を相互に交わしているこの意識領域の中で、YMさんは過去から連綿と続くエネルギーの流れに導かれて、今、闇堕ちしようとしてるわけです。この制約の中に意識を固定するというのがYMさんの選択ですし、どの領域にも意識によって共有されている固有の法則があって、それを無理矢理、ねじ曲げたり消滅させることは天使にもできません。子どもたちが何かの遊びをしています。遊びにはルールがあります。そのルールは尊重されるべきものであって、大人の都合で踏みにじっていいものではないのです。大人たちはただ優しく呼びかけます。もっと面白い遊び方があるよ、と。そしていつか子供が古いゲームに飽き、それをやめることを望み、より新しい遊びのルールを求めはじめたら、そのとき初めて大人たちは、より面白い、より自由な、愛に溢れた遊びのルールを子どもたちに伝えてあげることができるのです。しかしまず最初に、子供たち自身が求めねばなりません。古いルールの破棄を。そして新たなゲームの顕現を。そのときまで古いゲームは彼らの共有意識領域内において継続されます。つまり、とにかく、あなたがいきなりYMさんを助けるなんてことは難しいってことです」

「だったら、どうすれば?」

「忘れたらいいのでは? YMさんのことは」

「そ、そんな……」

「恋人だったの?」

「いや、違うけど……」

「もしかして、YMさんのこと、好きだったの?」

「……天使って、そういう人間のプライベートなことに興味があるのか?」

「あれ。おかしいですね。もちろん好きとか嫌いとか、そんな三次元の風習なんて、ぜんぜん興味ないんですけどね。私は天使なんで全方位への無条件の愛しか興味ないんですけどね」

 二号はこつんと物理的拳で自分のこめかみを叩いた。

「やっぱりこの肉体の影響を、思いの外、強く受けちゃってるみたい、私」

「大丈夫なのかよ」

「私が大丈夫かはわかりませんよ」

「…………」

「心配ですか?」

「ああ」

「私のこと? それともYMさんのこと?」

「なんで僕がお前のことを心配しなきゃいけないんだ。もちろん耶麻川のことだ」

「……つまんないですね。でも、もしあなたがYMさんの力になりたいなら、なおさら、『心配のフリークエンシー』ではなく、『愛と光のフリークエンシー』を発するべきです」

「どうやって? 耶麻川はゲートの向こうだ。そして僕には何の超常的な力もない」

「誰しもが、気づいていようといまいと、今、この瞬間、アルファにしてオメガである、ひとつなるものと、ひとつです。だから今この瞬間、あなたはありとあらゆるものとひとつだし、YMさんともひとつです」

「天使だからって禅問答みたいなことをいいやがって」

「禅問答って何ですか?」

「わけわかんないことを言うことだ。お前みたいにな!」

「私の言うことの何がわけがわからないというんですか?」

 床にあぐらをかく二号は僕を耶麻川の瞳でじっと見つめた。目を逸らしたら負けだという対抗心にかられ、僕はその目を見つめ返した。

 一瞬の沈黙がよぎる。その沈黙の中で僕の思考は、わずかなひとときだが完全にストップした。

 その思考と思考の隙間に、何かがあった。

「ほら、わかったでしょ」

 二号のカジュアルな口調で僕は我に返った。

「何がだよ。何もわからないぞ」

「あれ、おかしいですね。もう一回やってみますよ」

 床にあぐらをかく二号は僕の目をまつげの長い美しい耶麻川の瞳で見つめた。耶麻川の顔形のことを僕はとても好ましく感じていた。耶麻川がよその世界に行ってしまった今、耶麻川の存在は僕の中でプレミア感を増し、あたかもテレビの中の手の届かない偶像的存在、すなわちアイドルのような幻想の付加価値が付与されていた。その耶麻川の瞳にじっと覗きこまれ、僕はさまざまな感情的混乱を味わいながらも、目を逸らしたら負けだという謎の対抗心にかられ、耶麻川の瞳の奥に感じられる二号の存在を正面から見つめた。

 再び一瞬の沈黙がよぎる。

 その沈黙の中で僕の思考は再び完全にストップした。

 その停止、無の中に何かがあった。

「今度こそわかったでしょ」

 二号のぞんざいな口調で僕は我に返った。

「何がだよ。何もかも何も何ひとつわからないぞ」

「あれ、おかしいですね。もう一回やってみますよ」二号は僕を見つめた。

「もういいよ」

「え? もういいんですか?」

「いいよ……」

「遠慮しなくてもいいですよ。天使は時間を超えてるんで、結構、暇があるんで」

「……………」

「あ、でも今はフィジカル・ボディの中にいて、意識はこの三次元空間に完全同調してるんで、実は時間を超えてないです。ぜんぜん暇じゃないです。急がないといけないですよね。あせあせ」

「なんだよ。お前、何かすることあったのかよ」

「ありますよ。ここにはビジネスをするためにやってきたんですよ。ああ忙しい。忙しい。三次元は忙しいですよね、まったく」

 二号はおたおたと慌てふためく素振りをみせ、額の汗を拭うフリをした。

 床の上で二号が始めた寸劇のようなものを僕はソファから眺め下ろしていた。

 そうこうするうちに、時間差で、僕の日常的な心の中に、ひとつの洞察が浮かび上がった。

 先ほどの、思考の止まった無の中……それは無のように感じられたけど、実は無ではなくて、その逆の、充満だった。

 それは隙間なく、満ちていた。

 隙間がないために、すべてはひとつに繋がっていた。

 その中に、ありとあらゆる全ては同時に存在していた。

 二号は忙しいフリをするという謎の寸劇をやめると、「わかったでしょ」と言った。

 依然として僕にはわからなかった。

 しかし何かがわかった。

 しかし何がわかったのかは、わからなかった。

 なぜならそれは思考を超えた領域に関する事柄だったからだ。

 普段の思考によって、わかるとか、わからないとか、そんなことを超えている何かだったからだ。

 だからわかったとも、わからないとも言えない。

「ふふ、混乱してますね。それでいいんです。混乱はあなたを真の理解に導きます」

「お前、パンツ見えてるぞ。隠せよ」

「きゃっ。とにかくですね、YMさんとあなたは、今も、いつも、ひとつだということです」

「本当かなあ」

「……世界はフリークエンシーのオクターブにより、各種の層によって切り分けられ、肉体によって切り分けられ、時間と空間によって切り分けられ、生と死によって区切られている。あなたの目にはそう映っているかもしれない。それだから、あなたと、誰かの間には、越えがたい距離があるように感じられているのかもしれない。それでも、あなたとその人は、いつもひとつ。心の壁、それが次元を産み、時間を産み、空間を産み、それがあなたと世界、あなたと彼女を隔てている」

「…………」

「だけどあらゆる壁は錯覚なんです。だからひとつですよ、本当は。私とあなたと万物が、いつもひとつであるように。そして、だからこそ、あなたがその人のことを想って、心に抱いた愛と光のフリークエンシーは、時間を超え、空間を超え、次元を超え、その人に今この瞬間、即座に届くんです。そしてそれは彼女の力になります、他の何よりも。なぜなら心から心へと送られる、愛と光のフリークエンシー、それこそが、この宇宙で最も強い力なんですから!」

 何か得も言われぬ謎の感動が心の底から湧いてきたのを隠すため、僕は条件反射的な軽口を叩こうとした。

「お前、そんな長いセリフ……」

「今は私、脳を本部と連結してるから、いくらでも喋れますよ、こういうことは。それに、天使だから、あなたを慰めるのは得意なんですよ」

「……ほ、本当にできるのか? そんなこと。何の力もない僕が、愛と光のフリークエンシー、そんなものを、時間と空間を超えて耶麻川に送るだなんて」

「ふふ。ただ、やってみれば、わかります。だから一緒にやってみましょう。さあ目を閉じて……」

 僕は目を閉じた。

 しばらくすると二号の声が聞こえてきた。

「ゆっくり深呼吸して」

 僕はゆっくり息を吸い、そして吐いた。

「ではその呼吸とともに、優しい光が四方からあなたのもとにやってくるよ。その光があなたのハートに吸い込まれていくのを想像して」

 僕は想像した。光が空気とともに僕の中に入ってきて、心臓のあたりが光輝くイメージを想像した。

「ではその暖かな光を、好きなだけ、深呼吸を繰り返して、大きく強めてみて」

 僕はゆったりと深呼吸を繰り返した。少しずつ心臓のあたりの輝きが強まっていくように感じた。

「ではその光で包んでください。人、物、シチュエーション、なんでも。愛と光を伝えたいものを、心の中で思い浮かべ、そのイメージに、心の光を重ねてください」

 僕は耶麻川のことを思い浮かべた。

 腰に手を当てて廊下に立つ、その少し不機嫌そうな姿、形に、心の光を重ねあわせた。やがて暖かい光は耶麻川のイメージに同調を始め、そのイメージの奥深くに浸透していった。わずかながら、耶麻川はほほえんだように感じられた。

 ポットがお湯を沸かす音で目が覚めた。

 どうやらまたソファで眠ってしまったらしい。

 身体を起こし、あたりを見回すと、二号がふたつのマグカップを触手に持ってポットの前に立っていた。

 まもなく、マグカップに注がれるお湯の音とともに、爽やかなダージリン・ティーの香りが漂ってきた。

 朦朧としていた僕の意識はだんだん冴えてきた。

 光の触手で湯気の立つマグカップをふたつ持った二号は、地面からわずかに浮いてこちらに移動してくると、僕の隣に腰を下ろした。

「どうでしたか? 上手に愛と光をYMさんに送れましたか?」

「わからん。でも……」

「でも?」

「何かが……できた気がする」

 それが何なのかはわからないが、何かの違いを生む行為を、確かに自分が行なったという感覚が胸の中に残っていた。行為といっても、それは何も目に見えるものを動かすことのない、心の中だけでの作業だったが。

「目に見えないことは信じられませんか?」

「まあ」

「そうですか……でも、私は天使なので、あなたのしたことがわかります。上手なライトワークでしたよ」

「ライトワーク?」

「心の光を使った仕事全般のことです。それはやがて物理的な結果を生み出します。今後もYMさんには、心配のフリークエンシーを送るのではなく、愛と光を送ってください。彼女の力になりたいのなら」

「わかった……でも、どうしても不安になるんだ。あのあと耶麻川がどうなったのか、どうしても気になる。そんなときどうすればいいんだ?」

「気合ですね」

「気合?」

「そう。気合で無理矢理、YMさんについて何か明るいことを考えてください」

「そんなんでいいのか?」

「気合に何か問題でも?」

 もっと天使的な、ふわふわしたスマートな解決策があるのではないかと思ったが、そんなものはないらしい。

「わかった。気合だな」

「そう。気合です」

 僕は決意した。

 耶麻川のことを想うたびに、何か無理矢理、明るいことを考えることにしよう。そしてその明るさを、心の中の耶麻川に重ねよう。

「…………」

 そしてその決意を終えると、ようやくこの、二号がゲートから現れてからの一連の流れに、とりあえずの一区切りがついたと感じた。

 ふう、と溜息をついて、二号を見る。

 二号は心なしかほほえんでいるようだった。

 二人で何かの仕事をした。

 そんな充実感を僕は勝手に味わいながら、僕はしばらくの間、この訳の分からない存在と、心が通じあった気分を感じていた。

「では……私もそろそろ日常モードに切り替えます。よっ」

 ふいに二号は空いている光の触手を自分の耳に差し込むと、その奥にある何かのツマミのようなものを回す仕草をした。カチッという音が聞こえたような気がした。

「仕事モードにしていると天使力が高くなって助かりますが、脳に負担がかかりるんですよね。連続で天使モードを続けていると、この脳、きっと焼き切れちゃうよ。だから使用後はすぐにスイッチを切り替えないとね」

 そう説明しながらも、二号の瞳はどんどんうつろになっていき、先程までの天使的なオーラは薄らいでいき、最初に出現したときと同様の、壊れたロボットのような気配が濃厚になってきた。

 二号は光の触手を伸ばし、湯気の立つマグカップのひとつを僕に渡した。

「ほい。お茶です。熱くて美味しいですよ」

「さ、サンキュー」

「私もお茶でも飲んで一休みしますね」

 そして二号は光の触手にもうひとつ残っていたマグカップを、危うい動作で物理的な右手に持ち替えた。

 そして、うつろな瞳を湯気の立つマグカップに向け、顎を五センチほど、機械的に開いた。

 そして、僕が止めるまもなく二号は唇の隙間に一気にお茶を流し込んだ。大量の熱湯が唇の隙間から身体に零れ落ち、飛沫が四方に飛び散り、もうもうと立つ湯気に包まれて二号は言った。

「おいしい、おいしい。ダージリンは熱くておいしいですよね。熱くて気分がスキっとしますよね」

「…………」

 後始末をしたあとにメタトロン二号に聞いたところによれば、お茶を飲むとは熱による痛みと、それを冷やしたときの安らぎの、相反する対をなす感覚を楽しむための遊びであると思っていたとのことだった。

「ふふ。ごめんなさい。この世界に詳しくないので」

 メタトロン二号は服の裾や髪から水滴を垂らしながら、機械的な動作で頭をかいた。

「じゃ、どこなら詳しいんだよ」

「上の方なら比較的、詳しいよ。上の方から来たので。下の反対が上だよ」

「そうか……ちゃんと治しとけよ。火傷」

「ほい」