ママ、今もよく覚えてる。そのころママのオナニーライフのことを。それはもう完全に倦怠期を迎えていたわ。

 その日もママはいつも抽象概念と絡み合うのに使う、自分の心の中のオナニー空間にいたんだけど、七回目の自慰行為を終えたあと、そこに残ったのは虚しさだけだった。ママはどうしても満たされない気分でいた。

 それで何かもっと刺激的なオナニー対象物はないかと、心の中の、あの透明な空間で、自分が知ってるありとあらゆる方程式をこねくり回して、何か新しいものを生み出そうとしていた。

 でもダメね。しょせん、そんなことしても方程式のバリエーションが増えただけに過ぎなかった。

 カエルの子はカエルということね。小麦粉からお菓子を作っても、それは小麦粉から造られたお菓子に過ぎず、そんなのはもう食べ飽きてるということね。ひとつのテンプレートを使って描いた絵は、どれだけ複雑化させても、同じ基本構造を持っているってことね。

 だからママは気づいたの。

 本当に新しい、想像を超えた何かと心の中で絡み合うためには、まだ見たことのない、心の中の別空間を探る必要があると気づいたの。

 つまり、いつも使ってる方程式と絡むための部屋、その部屋が存在しているレベルは、もう隅から隅まで探索を終えちゃっていたのね。

 心の中がひとつの大きな建物だとしたら、その建物の、その階は、どの部屋も探索を終えてしまっていたってことね。

 だからもう何も新しい刺激がなくて、刺激がないから、三度のご飯より大好きなオナニーも、つまんなくなっちゃったの。

 だからママは意を決して、心の中を、上か、下か、どちらかのレベルに掘り進もうとしたの。

 それでまず、ママは美しい曲線や幾何学模様で満たされてる、心の中のいつものオナニー空間から、下方向に降りて行くことにしたわ。部屋の床をドリルで掘っていく感じね。

 ママはクリスタルのように硬い床に、手廻しドリルで穴を開けていったわ。

「きゃっ」

 しばらく掘り進んでいくと、急に大きな穴が開いて、ママはその暗い穴の中に真っ逆さまに落ちていったわ。

「いてて……」

 地面にぶつけた頭を撫でながら周りを見回してみると、さっきまで自分がいた、キラキラの数学オナニー空間とはぜんぜん違う、何か薄暗い場所に自分がいることにママは気づいたわ。

 そこは全体的に薄暗くって、湿っぽくって、ママが自分の心の中のホームスペースにしている抽象思考空間の清らかな美しさに比べれば、淀んだ沼地みたいなところだった。あるいは暗い洞窟、入り組んだ迷路みたいなところだった。

 そこには湿っぽい感情が渦巻いていた。いろいろな人や物の具体的なイメージがくっついたり、戦ったり、求め合ったりしていた。そこに渦巻いているイメージを見ていると、ママの中にもいろんな感情や欲望が湧いてきたわ。それでママは気づいたの。

「あぁ、ここは普通の人間がオナニーするのに使う意識レベルなのね。昔は私もこんなところでオナニーしていたのね」と。

 つまりそこは、ママがいつもオナニーに使っている抽象思考空間よりも、レベルが一段下の、具象的、情緒的なイメージに溢れた空間だったというわけ。

 そこは映画とか本とか、テレビとかネットとか、学校とか家とか、普段の生活の中でよく見かけるイメージと感情が渦巻いていたわ。

 でもママはこういうのは、ずっと昔に卒業しちゃってて、もうあまり好きじゃないの。

「もっと私は抽象度の高い、意味濃度の高い、新鮮なネタでオナニーしたいのよ!」

 というわけで、ママはその湿っぽく暗い、入り組んだ迷路のような場所から去ることにしたわ。

 ハシゴを昇って、またいつもの慣れ親しんだクリアな思考空間に戻り、次は、そのままもっと上方向の階層に進んでみることにしたの。

 下の階層が昔に卒業したレベルなら、上の方に行けば、見たことのない新しい領域に出られるはず。

 ということで、ママはいつもの抽象オナニー部屋の、クリスタル質の天井に、手廻しドリルで穴を開けてみたわ。そしてその穴にハシゴをかけて屋根裏のような空間に登っていったわ。

「よいしょ、よいしょ……あら、ここは真っ暗なのね」

 屋根裏の空間に登ると、そこは最初、夜みたいに真っ暗闇で何も見えなかったわ。

 ママは立ち往生してしまった。

 でもしばらく左右を見回していると、だんだん目が慣れてきたのかしら、真っ暗闇どころか、見たこともない星の海のような、一面の輝く無数の光の点で満たされた、無限の広がりの空間が自分を取り巻いていることに気づいたの。

 そこは屋根裏なんかじゃなくて、光の海だったの!

 しかもその空間に満ちている無数の光の点は、よく目を凝らして見てみると、どれも呼吸しているみたいに光の吸収と放射を繰り返していて、まるでそのひとつひとつが意識のある生きた存在みたいだった。

「なにこれ、すごい! 屋根裏かと思ったら、ここはまるで生きてる宇宙みたい」

 ママは感動に息を飲んだわ。

 自分の心の中に、こんな素晴らしい空間があっただなんて。

 しかもそこは、階下の空間に満ちている抽象記号やさまざまな論理体系よりも、はるかに意味深い、無数の光たちで満たされてたなんて。

 ママは自分のオナニーの可能性が一気に開けたことを知って、全身が熱くうずくのを感じたわ。

「こ、これはたまらないわね。でも興奮を抑えてまずは調査ね。この光の粒たちは、一体なんなのかしら? ここはどこなのかしら? あのー、誰かー、誰かー、知りませんか? ここはどこなの?」

 ママ、大声を発してみたわ。

 普段の生活では引っ込み思案なママだけど、心の中では大胆なの。

 すると、かなり上の方に浮かんでいた、普通の光の粒とは違う、特別に大きい光の玉が、ママの近くにすすすっとやってきて教えてくれたわ。

「光の粒、それは魂たちのことですね。ここは魂の海。輝いている点は、ひとつひとつが魂です。遠くから見たら粒ですけど、近くで見れば、どれもが巨大ですよ。その中にはあまたの転生の情報が保存されています。ここはそんな魂たちがたむろしている空間なんです」

「魂って何?」

「形あるものの本質です。あなたは下の方から来たんですね。下の方は具体的な世界だと聞いています。上の方に来れば来るほど、存在するものはより抽象的、本質的になっていきます。本質的なものが次元降下することによって、具体的なものが生まれます」

「なんであなた、そんなこと知ってるの? 賢そうね」

「私は天使です。もっともっともっと上の方、この宇宙の外から来ました。下に旅する途中です」

「へー」

 天使とは驚きね。

 ママは自分の心の中で、こんな意表をついた会話が自然にできることを不思議に思ったわ。

 だけど、そういえばママ、物心ついたころからずっと、心の中で数式たちと組んずほぐれずの睦み合いをしていたわけで、彼らが沢山の、ママの想像のを超えた数学的発見と性的喜びを、ママの思考回路と肉体に与えてくれたことを知ってるわ。

 だから、心の中に自分の想像を超えた存在がいるってこと、それと交流できるってこと、それが思いもよらないアイデアを私にもたらしてくれること、それは当然といえば当然かもと、そのとき私には自然に思えたの。

 そしてママはそのとき、閃いたの。

 あらゆるものは、こうやって、上から下へと降りてくる。

 目に見えない世界から、目に見える世界へと……上から下へとあらゆるものは流れて落ちてくる。これこそが、新しい発見やアイデアが、生まれ落ちてくるのに使う、正常なルートだと気づいたの。

 それと同時に別のことのにも気づいたわ。心の中のこの高い空間にいる、天使という存在は、私がいつもオナニーのネタにしていた数学的観念群よりも、はるかに抽象度の高い存在であり、それはつまり、まさに、私が求めていたフレッシュなオナニーのネタなのではないかしら、って。

 ママは獲物を前にした肉食獣のような気分を昂らせつつも、それを隠しながら、天使との会話を続けたわ。

 いくら人間の繊細な心の機微に興味がないママとはいえ、いきなり欲望をむき出しにされて襲い掛かられたら、誰でも反射的に逃げたくなるだろうって想像はつくのよ。だから少しずつ、会話をして、親しくなってから、襲いかかろうとしたの。

「あなた、凄く光ってて大きいわね。天使って、こんなに立派なのね。ところであなた、こんなところで何してるの?」

「さきほども言ったとおり、上の方から、下の方に向かって旅してます。細かく分裂しながら、いろいろなルートを通って、下へ下へと旅してます。ですが、これより下の階層への道筋が見つからなくて、難儀していたところです」

「それなら私がドリルで開けた穴と、ここまで登ってくるのに使ったハシゴがあるから、それを伝って下に降りて行ったらいいわ。下の空間にも、私が開けた穴があって、そこからさらに下に降りていけるわよ」

「それは助かります。ところでこの下の方ってどうなってるんですかね?」

「ええと……このひとつ下にある部屋、私が普段のオナニーに使ってた部屋は、ここほど綺麗でも眩しくもないけれど、まだまだクリアな透明感があって綺麗な場所よ。でもそのもう一個下になってくると、ドロドログチャグチャしてて、湿ってて、入り組んだ迷路みたいになってるわ。普通の人間はその領域で空想、妄想するのが大好きだけど、きっとあなたには居心地が悪いでしょうね。さらにそのもう一個下、ということになるのかどうかは知らないけど、私の肉体がある場所は、考えてみれば、いちばん不自由で、硬くて、いろいろなことが思い通りにならない場所。あんなところには行かないほうがいいわよ」

「三次元物理層のことは噂に聞いてます。いろいろと制限が多い場所のようですね。でも、そこが私の目的地なんです。あれはあれで興味深い領域であると小耳に挟んでいます。天使的にはもうこのレベルですら雰囲気が硬くて重くて苦しいんですが、なんとか一番下まで行けるよう頑張ります。天使的には、これ以上、下に行ったら、完全に馬鹿になっちゃいますけど、仕事なんで頑張ります」

「このレベルで苦しいって、天使さん、あなたどれだけ上から来たの?」

「ええと。一番上、この宇宙の最上層の、そのもっともっと上です。もう私にもよく思い出せない光のヴェールの向こう側から私はやってきたんですよ」

「ふーん。凄いのね。いつか私もそんな高いところにまで行ってみたい」

「いいところですよ。ぜひいつか行ってみてください」

 天使は気さくで好感が持てたわ。

 そんな天使とあれこれ話すうち、だんだんママは、そもそもの目的を思い出してきたわ。

 そう。

 そもそもの目的、それは、まだしたことのない画期的なオナニーをすること。

 私は天使が言うところの三次元物理層にある自分の肉体の一部を刺激しながら、この心の中の光の海で、自らを天使と名乗る眩しい発光体に、自分の意識の体を誘惑的に近づけていき、誘惑の言葉を発したわ。

 ママ、人間社会では恥ずかしがり屋さんだけど、心の中でなら、いくらでも大胆になれるの。

「ところで……ねえ、天使さん。そんな長旅をする前に、ちょっと私と遊んでいかない?」

 天使の放つ光はとんでもない強さと清らかさを持っていて、こんなのに貫かれたら、ママ、死んじゃう、消えちゃう、真っ白になっちゃう、と思ったわ。

 でもそんな強烈なオナニーこそがママの望みだから、それはむしろ望むところだったの。だからお願い、天使さん、私の存在の端から端までその強い光で貫いてと思ったわ。そう、もう、とても我慢できない。ママは欲望のまま天使に近寄っていって、がばっと覆いかぶさろうとしたの。

 でも天使は少し後ずさるとママに言ったわ。

「あのー、それ以上こっちに近寄ると、あなたの存在に不可逆的な変容をもたらす量の光が注ぎ込まれちゃいますけど、いいんですか?」

「不可逆的な変容が起こると私、どうなっちゃうの?」

「肉体のDNAがアップデートされ寿命が伸びます。さらに次元降下するときに心に身につけた心の壁が薄く、透明になります」

「心の壁が薄く、透明になると?」

「光の吸収量が増大し、宇宙全体と繋がりやすくなります」

「全体と繋がると?」

「かなり気持ちいいでしょうね」

「ああっ、それよ、それ! 私が求めているのは!」

 気持ちいいというワードに動物的に反応したママは、血に飢えた獣のように天使の放つ電撃的な光のパルスを全身で浴びようとして、その巨大な発光球体に突進していったわ。

 そして自分のその獣っぽさに興奮したママは、天使の言うところの三次元物理層の、ママの実家のママの部屋のベッドの中で、これから始まるかもしれないより強烈で新鮮な快楽の予感に打ち震えている、当時ふみひろと同い年の若い可憐な高校生、今の言葉で言うところのJKだったママの、あの可愛い肉体の尾てい骨から、強い発情のインパルスが、電流のように背骨を駆け上がり、その振動が頭のてっぺんにまで届いたかと思うと、それがさらにどういうわけか、心の中の光の海にまで届き、天使と体面していたママの意識の体に達し、そのママの透明な体を眩しく美しく発光させたことに気づいたわ。

 しかも光だけでなく、いままで一度も聞いたことのない綺麗な音までもがママの意識の体から発せられていたわ。それが心の耳で聞こえてきたの。

 なにこれ、凄い! なんていう綺麗で美しい音……。

 なのに天使は興奮するママから距離を取って冷静なことを言うの。

「あぁ、これはなかなかいい音と光ですね。あなたの人格の発する振動が、この領域、魂の世界にまで届いていますよ。これを浴びるのは気持ちいいです」

「だったら私とまぐわってよ!」

「そうですね、わかりました。あなたのエネルギーを受け取ったお返しに、私からもエネルギーを送ります。適度な量のエネルギーを交換しましょう。ちょうどいいだけ受け取ってください。どうぞ!」

 瞬間、ママが身構えるより早く、天使から光のパルスが放射され、私の意識は真っ白になったわ。私はもっともっとと光の中で溺れながらより多くを求め続けたけど、でももう自分の光のキャパシティは、その一瞬の天使からの放射で一杯一杯になってしまったことを自分でもわかっていたし、天使も他に用事があったみたい。

「そうなんです。私はそろそろ行かないといけません。でも、あなたが発するその響き、形態を超えた高いものと交わりたいというその熱望が、きっとあなたの自身の魂を呼び寄せるはず……ほら、来ましたよ。あっちを見てください」

 天使が言ったとおり、光の海を見ると、とある小さな光の点、そのひとつがぐんぐんこちらに近づいてきて、私の意識の体と重なったわ。そしてその光の球から、私の意識の体へと、優しい光がしみじみと流れ込んできたわ。

 天使の発する光は、電気のようなビリビリする感じだったけど、こっちの光の球、それがママに与えてくれる光は、なんだかふわっとして気持ちいいの。

「そうでしょうね。あなたが今浴びている光は、自分の魂の光、あなたの本質の光ですので。それはあなたにとって最高の滋養です」

 本当にこれ、自分の魂なのかも。そう思えるぐらい、心も体も気持ちよくなる優しい光が、ちょうどいい量、四方八方から浴びせかけられて、ママは温泉に入った気持ちよさを五百倍したような幸せな気分になってきたわ。

「ああ……いいわ……」

「では私はこれで」

「ちょっと待って! 魂とか言ったって、自分の本質とか言ったって、結局は自分でしょ。確かにこれはこれでとてもいいけど、でも私は他の存在と交流したいのよ! じゃなきゃ興奮しないじゃない!」

「なんだか難しい人ですね。そんなこと言ったって、あなたは宇宙だし、宇宙は私だし、全員が宇宙だし、結局、全員、あなたなんですよ」

「え、そうなの? そうだとしても、とにかくもっと、適度に距離感がある、他人っぽい存在と絡んだ方が、興奮するの!」

「ではそこらへんにいる他の魂と交流したらいいでしょう。誰かー、この人とチームを組みたい人!」

 そう天使が声と光を発すると、あたり一面に広がっている光の海の中から、ふいに一粒の光がこちらに向かって近づいてきたわ。

 その光の粒は、ママに近づいてくるにつれてどんどん大きくなり、ママの魂と同じくらいの大きさの球体になって、気づくとママの目の前に浮かんでいたわ。

「この魂があなたとチームを組みたいようです」

「え、そんな、まだ初めて会ったばかりなのに……よろしくお願いします」

 ママはもじもじしたけど、なんだかその魂は、とても感じが良さそうな存在だった。そうよママは、その魂を一目見たときから、運命的なトキメキを感じていたのよ。

「ではお互い、いい感じということで、ラインを繋げますね」

 天使がそう言うと、ママの魂の中心部にあるキラキラした宝石状のものと、目の前に浮かぶ誰かの魂の中心部にあるキラキラした宝石状のものが、光のラインで繋がれたわ。

 そして、ふたつの魂の間でコミュニケーション・チャンネルが確立され、ママとその魂は、高速でさまざまな情報とエネルギーのやりとりを始めたわ。その魂との気持ちのいい交流に夢中になっていると、天使がママを光でちょんちょんとつついたわ。

「では、あとは若い人たちに任せて、私はこれでもう下の方に行こうと思います」

「いろいろありがとう、天使さん! もし下の方で路頭に迷ったら、私の家に来てね」

「はい、ぜひ!」

 そして天使は最後にもう一度光を発すると、ママが開けた穴を通って、下の世界に降りていってしまった。名残惜しかったけど、ママはすぐ目の前の魂との交流に夢中になったわ。

 それぐらい、その魂との交流は気持ちが良かったの。

 ママは思ったわ。

 これが愛か。

 私、この人なら、魂だけでなく、物理的な肉体までも、愛せるかもしれない。

 そう思うと、愛のフィーリングによってハートが開くとともに、恋と欲情によって肉体の一部がうごめくのを感じたわ。

 これこそまさに恋愛ね。

 だからママ、ついに勇気を出して自分から聞いてみたの。

「ねえあなた、こういう遠隔的な交流もいいけれど、肉体としてはどの辺に住んでるの? 一度、私たち、物理的に会ってみたくない?」

 それが人見知りなママとしての精一杯の勇気だったわ。

 でも、その魂は、「肉体? よくわかんない」という意味を表す光のシグナルを発したわ。

 どうもその魂、この物理的な世界に肉体を持っていないみたいなの。

 なんてことかしら。

 ママは苦悩したわ。

 会いたいのに会えない。

 好きなのに抱きしめられない。

 遠距離恋愛というか、遠次元恋愛というか、とにかくこれが、世間で流れているラブソングに頻出する状況なのね、それは意外に現実的にありがちなシチュエーションなのねと、初めてママは悟ったのよ。

 でもママ、そんなことぐらいで諦めるのは性にあわないの。

 むしろこの状況を利用して、その魂と私の結びつきを究極的に強化する方法を考えだしたの。

 はっきりいって天才だと自分でも思うわ。

 それである日、ママは決心してそのアイデアをその魂に伝えたわ。

「ちょっとあなた、肉体を三次元空間に生じさせてみるつもりはない? そんなに怖くないわよ。食事とか面倒で怖いことも多いけど、意外に面白いこともあるわよ。インターネットとか」

 その魂は「OK、いいね!」という意味を表す光を発したわ。

 それからその魂は「でも、どうすれば?」という、当然の疑問を表す光を発したわ。

 ママは答えたわ。

「簡単よ。肉体を物理世界に生じさせるには、誰かの子供として、それを生じさせたらいいのよ」

 その魂は「なるほどー」という相槌を表す光を発したわ。

 私はさり気なく次の提案をしたわ。

「せっかくだから私の子供として、あなたに属する肉体を物理世界に生じさせ、それにあなたの意識を定着させてみない?」

 その魂は「OK、いいね!」という光を発したわ。

 そこで私はより核心的な提案をさり気なく伝えたわ。

「じゃあ物理世界に私の子供として生まれたあとで、私の恋人になってくれない?」

 その魂は「よくわかんないけど、OK、いいね!」という光を発したわ。

 ママはさらにより究極的な提案を続けたわ。

「私の子供として生まれたあと、私の恋人になって、私と結婚して、私にあなたの子供を産ませてくれない? そして究極の核家族を作らない?」

 するとその魂は「難しくて意味がわかんないけど、OK、いいね!」という光を発したわ。

「絶対よ。後になって約束破るの禁止だからね! あなたは私の子供として生まれたあと、私の恋人になり、私の夫になり、私と子供を作り、幸せな家族を作るんだからね! 絶対の絶対の約束だからね!」

「OK、いいね!」

 ママはその日、通販で冷凍精子を取り寄せたわ。

 こうやって生まれてきたのがあなた、ふみひろなのよ。