暗闇の中、ふいに何かの気配を感じた。

 幽霊か!

 とっさにそう思った。

 なぜかといえば、部室の奥の壁際には、ギター等が置かれている棚があり、その左隣にはロッカーがある。

 ロッカーの戸がきしんで開くと、中から青く澄んだ光が溢れ出してきたのだった。

 そして、その澄んだ光の中から、背の高い女が現れたのだった。彼女は大きな鞄を背負っていた。

 逆光によって、女の輪郭が眩しく輝いて見える。

 女は一歩、二歩と歩を進め、完全に部室内に入ってくると、部屋の真ん中、ソファに転がる僕の少し前で立ち止まり、そこで振り向くと、大きく開け放たれたロッカーに向かい合った。ソファの上の僕もそちらを見た。ロッカーは輪郭がぼやけ、ロッカーというよりも、青白い光を放つ門、ゲート……そういったもののように見えていた。

 ゲートの向こう側と、こちら側は、青白い光の膜のようなものによって隔てられており、その膜の表面には時折、眩しい電流のスパークのようなものが走っていた。

 ゲートの向こう側には誰かがいた。青白い光の膜に遮られてよく見えないが、大きく力強い何かのエネルギーを発していると感じられる人影があった。

 その大きな人影はゲートの向こう側にとどまり、僕と女のいる部室には入ってこないようだった。だがその人影の発する声がゲートを通してこちらの部屋へと響いてきた。

「さようなら。わたしの大切な弟子、ミーニャ」

 その声には深みがあり、優しさがあり、男性の声のようでもあり、女性の声のようでもあった。

 ミーニャと呼ばれた女は「やです、マスター、さよならなんてイヤにゃ!」と、ソファのすぐ側で、身振り手振りを交えつつ、日本語らしき言語を、ゲートの向こうの存在に訴えていた。

 僕は思った。

 この人たち、意外に日本人なのか。

 いや……日本人どころか、地球人かどうか。

 よく見てみると、ミーニャと呼ばれた女の頭には、大きな猫の耳のようなものがついており、おしりからは尻尾が生えていた。

 ミーニャはすぐ近くでソファに転がっている僕に気づかず、ロッカーというか、光のゲート……と感じられるものの奥にいる人影に向かって、しきりに「わたしも最後までマスターについていくにゃ!」と訴えていた。

 しかしマスターと呼ばれている存在は、次第に薄れていくゲートの光とともに、遠ざかり見えなくなっていく。

「ミーニャ。あなたに高きフリークエンシーの導きがありますように」

 それだけの言葉を残し、あれだけ眩しく輝いていた青白い光は、その奥の人影と共にふいに消え、がちり、と音がしてロッカーは閉じた。

 再び部室の中は完全な暗黒状態になった。

「…………」

 僕は思った。

 なんだというんだ、今の幻覚は? 足の指の骨を折り、暗闇に長時間閉じ込められたからといって、人間はこうも突拍子も無い幻覚を見るものなのか?

 思っただけで口に出さなかったのは、万が一にも今見た光景が幻覚でなかったときに備えてだ。

 もし今見たのが幻覚でなければ、謎の女、身長は僕より頭ふたつ高く、尾てい骨の部分から尻尾を外に出せる穴が空いたショートパンツ状のものを穿いた女がすぐそこにいるということになる。

 もしそれが幻覚でなかったなら、大きな登山鞄のようなものを背負い、灰色のダウンジャケット状の上着を着て、頭に猫の耳のようなものをつけた、なかなか地球にはいないタイプの女が、僕のすぐ目の前の空間に立っているということになる。

 正体のわからないものからは、隠れていたほうがいい。

「…………」

 だが、そもそも、ロッカーから人が出てくるなんてことがあるんだろうか? やはり、何もかも幻覚では?

 いや、ロッカーから人が出てくる、それは十分にあり得る事態だと、僕の頭の冷静な部分が告げる。

 なぜならあのロッカーは、人が隠れていられる空間が十分にある大きさだからだ。

 僕がこの部屋に入る前から、ミーニャとやらがロッカーに隠れていた可能性がある。

 そして、そんなことをする動機が考えにくいなら、他の解釈もある。

 あのロッカーが、どこかよその空間に接続される、特殊なゲートのような機能を果たしていたという可能性がある。

 それは、ありえない考えだろうか。

 いや、科学的にもアリじゃないか?

 なぜなら、量子力学というものがある。

 それによれば、だいたい何でもアリ、というのが、科学的考えだ。

 よって、ロッカーが別の空間か異次元へのゲートになっている、それは科学的にも十分、ありえることである。

 ていうか、さっきの光景を思い出す限り、そういうことなんだろう。

 と、いろいろ考えていると、どさっという鞄を床に置く音と、猫女の独り言が聞こえてきた。

「泣いてても仕方ないにゃ。ここは夜なのかにゃ? そもそも夜とか昼とかの区別が無い世界なのかにゃ? とにかく急いでホームスペースをセッティングしないと馬鹿になっちゃうにゃ。こうしてる間にもどんどん魔法の力が薄れてきているにゃ。ちゃんとできるか心配にゃ」

 僕のすぐ近くで猫女がゴソゴソと鞄を漁って何かをする気配が聞こえてきた。

 それから猫女は静かな声で何かを呟いた。

「来てください、次元のディーヴァたち。そしてこの部屋の質料に聖なる紫の炎を浸透させて、高次元のフリークエンシーを保つようにしてくださいーにゃ!」

 瞬間、暗闇の中に、目では見えないが、何か繊細なフワフワした存在が現れ、部屋の四隅に何かの作業を始めるのが気配として感じられた。

 その作業の気配が消えると、「ありがとう、次元のディーヴァたち。もう帰っていいにゃ」と、ミーニャが言った。

 繊細なふわふわした存在たちの気配は消えた。

 依然として部屋の中は真っ暗だったが、なんとなくまったりとした居心地のいい雰囲気に部屋全体が包まれたように感じられた。

「これでよしにゃ。当面はこの世界に同化しなくてすむはずにゃ」ミーニャは満足そうな声を発した。

「さてお次は……真っ暗で何も見えないけど、さっき一瞬だけ見たところによれば、たしかここに、何か座れそうなものがあったような気がするにゃ」

 猫女がソファーの端のあたりを手で触った気配がした。僕は音を立てないよう、ソファーの反対側に移動しようとした。間に合わなかった。猫女は僕の折れた足の上に勢い良く腰を下ろした。

「ぎゃああああ!」

「だれーにゃ!」

 猫女はほとんど何の予備動作もなく部屋の端の方に飛び退った、そんな気配を感じた。真っ暗で何も見えないが、ささっという、俊敏な動物や運動選手の動きを想像させる音だった。

「こんにちは!」

 ヤケになった僕は先手を取って暗闇の中に大声で挨拶した。

「え? こ、こんにちはーにゃ」

 部屋の隅の方から挨拶が返ってきた。

「あんたは誰ですか? ここは僕の部室なんですけど!」

 足の痛みで頭がぼーっとしているからか、言葉に勢いがついていた。

 こうなったらもう、堂々と押していこう。

「いきなり部屋に入ってきて、あなた一体、なんなんですか? だいたいおかしいでしょう、そんなロッカーから入ってくるなんて」

「あ、あの、ごめんなさいにゃ。でも、この部屋にゲートが開いたのは、この世界の住民の許諾もあってのことにゃ。あなた、この部屋の管理人なのかにゃ?」

「ま、まぁ、僕はこのあと部長になる存在なので、そのようなものだけど」

「だとしたらあなたの許諾がすでにあったはずにゃ。でなければゲートは開かないにゃ。次元の上と下にいる両者が共に扉が開くことを望まなければ、次元間ゲートは開かないにゃ」

「許諾? そんなものした覚えは」ない、と、言いかけたが、この部室に入る前、僕は確かに、絶対に開くことのないドアすら奇跡的な力によってばーんと開く、そんなことを望んだ。許諾とはそのことなのか。

「ほら、何か思い当たることがあるんじゃないかにゃ。とにかくゲートが開いたおかげで私は安全な場所に緊急非難できたにゃ。私としてはマスターにずっとついて行きたかったけど……助かったことは助かったので、あなたには感謝にゃ。にゃ……」

 暗闇の中、何か悲しそうな感じが伝わってくる。それとともに、ありがとうという気持ちも伝わってくる。ミーニャが歩いて近寄ってくる気配がする。僕はいつしか緊張が解けていた。深い溜息をつくと、真っ暗な空間で、近い場所から、ミーニャの深呼吸の音も聞こえてきた。

 しばらくの間、ふたりとも無言で、気持ちが落ち着いていくのを待っているように、闇の中に呼吸の音を響かせていた。

 *

 ふいにミーニャが声を発した。ごく近くから聞こえてくる。

「そういえば、さっき、凄い声が出てたけど、もしかして怪我させたかにゃ? 私、結構重いーにゃ」

「あ、この足はもともと折れてて」

「そう……この世界も安全ではないと。どこも修羅場だということなのかにゃ。でもゲートを開けた部屋に住んでいたのが、君みたいな話の通じる人で、本当に良かったーにゃ。あ、せっかくだから治してあげるにゃ! この足かにゃ?」

「あ、ちょっと、触らないで!」

「大丈夫にゃ」

 ミーニャは僕の足を持ち上げると、ソファの反対側に腰を下ろした。

 そして僕の足を強引に抱え込むと、靴を力任せに脱がせようとした。

「ちょ、ちょっと! やめて、やめて、そんな乱暴にしないで」

 僕は抵抗したが、猫女は片手一本で僕を押さえつけ、もう片方の手でぶんぶんと靴を引っ張った。痛みで気絶しかけた所でミーニャが言った。

「これ、脱がせにくいにゃ……あら、紐がついてるにゃ」

 猫女は靴の紐を解き、やはり強引に靴を脱がせた。僕は痛みのショックで頭が真っ白になり、されるがままになって、靴下も脱がされた。猫女は僕の足の指をつまんだ。無免許の歯医者に奥歯をペンチでつままれたような感覚に襲われた。

「やめて、やめて!」

「よっ、この角度かにゃ? あれ、間違えた、逆だったにゃ。ごめんにゃー、すぐ終わるから我慢するにゃ」

「お願い、やめて、だめ、だめだって!」

「ほら、まっすぐになった。次は隣の指にゃ」

「あー!」

「できた。骨はまっすぐになったにゃ。後はこれを魔法で治すにゃ」

 ミーニャが床の鞄から何かをゴソゴソ漁っている気配がしたが、相変わらず部屋の中は真っ暗で、しかも僕の両目は涙に覆われていて、何も見えなかった。

「触った感触からすると、あなた、魔法の力がないのにゃ。もしかしたらこの世界には、魔法の知識は無いのかにゃ? だったら見ててごらん。ほら、面白いにゃ」

 ふと眩しい輝きが部屋の中を照らした。

 涙を拭って、見ると、ソファーの端に座る猫女は赤い宝石が埋め込まれたペンダントのようなものを僕の足の指に近づけていた。

「これは癒しの効果を持つアミュレットにゃ」

 宝石の光に照らされたその横顔はほほえんでいる。

 僕ははっと息を吞んだ。

 さっきロッカーから出てきたときも少し思ったけど、この人、凄い綺麗だ。

 ほほえみの中に、夢の中に出てくるような、形を超えた美しさがあった。ありがたさや懐かしさを感じるような、暖かな綺麗さだった。

 僕は痛みを忘れ、時間を忘れてミーニャに見とれていた。ふいに宝石が崩れて粉々になり、光が消えるまで、息を呑んで。

 *

 また訪れた暗闇の中、ミーニャは僕の足の指を再びつまみ、前後左右に動かした。

 また激痛に襲われるかと思ったが……。

「……あれ、痛くない」

「ね、痛くないでしょう。うふふ、驚いたかにゃ?」

「驚いた……」

「治っているのよ。魔法にゃ」

「そ、そうか。魔法か。魔法」

 魔法という言葉を口の中で何度か繰り返すと、物事の輪郭がくっきりしてきたように感じた。

 ロッカーから人間が出てきたことについての理論的な説明が、これで完全についたというわけだ。

 ミーニャは名乗った。

「初めまして。私はミーニャにゃ。一級エクスプローラーにゃ。あのー、さっきは痛くしてごめんにゃ。私、治すのは苦手なのにゃ。かといって何が得意ということもないけれど。あなたは?」

「僕は……僕はなんでも得意だよ」

「そうなの。凄いにゃ」

「時間をかけて、まじめにやってみたら、なんでも得意だと思う。学校でやることはどれもうまくできないけど……あ、名前か。名前はふみひろ」

 ミーニャはまたほほえんだ感じがした。

 僕達はソファーに座って、いろいろな情報を交換した。